習慣化の科学と技術

〜HabiTech: 習慣化をアシストするデジタル技術〜

習慣に関する知見を探求し、デジタル技術と統合する

人の行動の多くは習慣で動いているとも言われていますが、どうやったら効率的に、よい習慣を継続できるでしょうか? 

また、どうやったら悪い習慣を減らしていけるでしょうか。

習慣化に関しては様々な研究の知見やメソッドが論文や書籍で紹介されています。

例えばIF-Thenプランニングは多くの研究で有効性が実証されています。

また、習慣化アプリラボで紹介しているように、習慣化については、数多くのスマートフォンアプリやツールが提供されています。

習慣化アプリラボ
はじめに早寝・早起き、片付け、運動、ダイエット、語学学習、日記、節約....どんな習慣を身に着けたいですか?これらの習慣を続けることを目的として、スマートフォンのアプリやツールが数多く提供されています。...

習慣に関する知見を探求し、アプリ等のデジタル技術と統合することで、役に立つ、うまくいく習慣化の技術(HabiTech)を作っていきたいと考えています。

習慣が重要な理由

なぜ、良い習慣を続け、悪い習慣を減らしたいのでしょうか?

やりたいことやなりたい自分の姿など、皆、様々な目的あるいは希望、願望を持っていると思います。

  • やりたいことの実現(目標達成)
  • なりたい自分になる(理想のアイデンティティ)
  • ごきげんになる(幸福感の向上)

これらの目的を達成することは一時期だけの努力では難しく、行動を継続して積み重ねていくことが必要となります。

様々な困難や障害を乗り越えて続けるための習慣化の技術が必要です。

なぜ、良い習慣を続け、悪い習慣を減らしたいのか?、3つの理由。
はじめに早起き、片付け、運動、ダイエット、喫煙などいろいろな行動習慣があります。こちらの記事では、行動を生活習慣、運動習慣、学習習慣、娯楽主観、お金習慣、仕事習慣、人間関係の習慣の7つのジャンルで分けました。...

習慣をシステムとして理解し、体系化する

習慣は心理学、行動科学や認知科学など様々な分野に渡っています。

デジタル技術との統合にあたっては環境との相互作用や人の反応、行動をシステムとして理解し、体系化します。

応用分野

続けたい習慣、やめたい習慣として生活や運動、学習、人間関係など多様な分野の習慣を扱います。

以下の記事では、生活習慣、運動習慣、学習習慣、娯楽習慣、お金習慣、仕事習慣、交流習慣の7つのジャンルに分けて、その習慣化の目的やニーズについて整理しています。

【HabiTech】習慣化したい行動の種類にあった技術を使う 〜 行動のジャンルを整理〜
はじめに早寝・早起き、運動、ダイエット、語学学習は続けたい人が多い、人気の行動習慣です。睡眠の質をもっと上げたい、食事をもっとヘルシーにすることを習慣化したいという、普段の生活行動の内容を改善したいというニーズもあ...

習慣化の技術と応用

If-Thenプランニング

If-Thenプランニングは、①(if)もし、Xだったら、②(then)Yをする というように、どんな行動するかを事前に具体的に決めておく目標達成手法です。

どのような方法かなぜ有効なのか、どう活用できるかを解説します。

お墨付きの目標達成手法If-Thenプラニングをざっくり解説。いつどこで何をするかを決めると実行できる【習慣化の技術】
目標に向けて行動を続けるにはダイエット、運動、学習など続けたい習慣には、何キロまで痩せたい、マラソン大会に出たい、TOEICの点数を上げたい、など目標があるでしょう。その目標を達成するためには、短期間でがっと頑張れ...

If-Thenプランニングの応用についてはこちらの記事をご覧ください。

【書く習慣】バレットジャーナルが続かない方に。If Thenプランニングで習慣化!
はじめにバレットジャーナル始めたけど、いつのまにかやめてしまった、なかなか続かないという方いらっしゃるのではないでしょうか?理由は、ついついノートを開くのを忘れてしまう、書くことに慣れていなくてペンを持つのが面倒な...
【ムダな反応をしない習慣】あらゆる悩みの原因は心の反応。「反応しない練習」をIf-Thenプランニングで実践。
はじめによくイラッとしてしまうことありますか?人に嫌なことを言われた時、不躾なメールを見た時、人に足を踏まれたり、押されたりなどなど。このイラッとしたとき、どう反応するかは思考の習慣です。言い返して...

メンタルコントラスト

目標達成の成功と障害をイメージするメンタルコントラストもシンプルで強力なビジュアライゼーションツールです。

多くの研究で実証されている手法で、目標へのコミットメントとモチベーション向上に役立ちます。


習慣の積み上げ

すでに習慣化されていて毎日あるいは定期的に実行していることに、新しい行動を付け加えるという手法。

【HabiTech】時間のないあなたに。今の習慣に新しい習慣化行動をアドオンする、無理なく続ける方法 1.73
はじめに今日から運動をはじめよう、語学学習をはじめよう、続けようと思っても、なかなか始められない、続かないということないでしょうか。理由はいくつかあります。それをやることをついつい忘れてしまう。やら...
【HabiTech】朝の習慣に新しい行動をアドオンして無理なく続ける方法〜朝の習慣編〜 1.74
1日の時間はやるべきこと、やりたいことですでにいっぱい。新しい習慣を始めたい、続けたいと思っても、時間的な余裕、感情的な余裕がありません。 でも以下の記事のように、毎日やっていること、習慣化している行動、実はたくさ...
【HabiTech】移動・通勤の習慣に新しい行動をアドオンして無理なく続ける方法 1.75
はじめに毎日、自然と実行している行動に、新しい小さな行動を付け加えると、続けやすくなります。以下の記事では、朝の習慣に、習慣化したい行動を付け加えるアイデアを紹介しました。...
【HabiTech】夜、疲れて習慣どころではなくなるあなたに。夜に新しい行動を無理なく続け、習慣化する方法 1.79
はじめに新しい行動のために時間をとって続けようとするのは結構大変です。習慣化の技術として、毎日、自然と実行している行動に付け加えると、続けやすくなります。以下の記事では、朝の習慣、移動の習慣...

状況の固定化

習慣化させるには同じ時間、同じ場所で実行することが有効です。

手帳やデジタルカレンダーに毎日、その行動を実行するにように予定として組み込むのもいいでしょう。

【HabiTech】理想の1日を得たいなら、理想のスケジュールをGoogleカレンダーに書こう 〜デジタルカレンダーを使う3つの理由〜 1.76
はじめにあなたの理想の一日は、どのようなスケジュールでしょうか?自分のやりたい活動や趣味が十分にできている1日でしょうか?家族との交流、団欒の時間が取れている1日でしょうか。あるいは、朝、早起きして...

習慣化プロセスの実践

記録をとる

理想の1日と、現実の1日を比べるためには何をいつやったのかの行動の記録が必要です。

しかし、行動の記録は結構大変です。

そんな不便に対して、就寝時間と起床時間、通勤・通学時間の3つの主要な行動に絞って記録し、振り返る方法を紹介します。

【HabiTech】あなたの時間の使い方はどれだけ理想に近いでしょうか?Googleカレンダーに書いた理想の一日と現実の一日を簡単に比べる方法 1.77
はじめに習慣化を成功させ、理想の1日を得るため、理想のスケジュールを具体化する必要があります。以下の記事では、Googleカレンダーに理想の一日を書く方法を紹介しました。次にやりたいのは、そ...

振り返る

【HabiTech】習慣化難民になっていませんか?OPDCAサイクルでカイゼンする 1.57
はじめに本や記事で様々な習慣化のメソッドやヒントが紹介されています。例えば、理想の人生をつくる 習慣化大全では、行動の習慣、思考の習慣、感情の習慣、環境の習慣に関する65個のメソッドが紹介されています。習慣が10...

習慣化がうまくいかないときに

習慣を続けても結果が出るには時間がかかります。

結果よりも方向やプロセスに目を向けるのがいいでしょう。

日々の習慣のわずかな変化が、人生をまったくちがう目的地へと導きかねない。

1%よくなる選択をするか、1%悪くなる選択をするかは、そのときには些細なことに見えるが、人生という長い期間を送るうちに、この選択こそが、自分の現実の姿と、なり得た姿との違いを決定する。

成功は日々の習慣の産物であり、一生に一度の大転換などではない。

だから今成功しているか、そうでないかは問題ではない。

複利で伸びる1つの習慣
運動、ダイエット、英語など成果が出なくて習慣をやめたくなるときに。なぜ小さな習慣を続けるのか?
習慣をやめたくなることないでしょうか?ダイエットをはじめてもすぐに体重が減るわけではない。ジョギングをはじめてもすぐに気持ちよく颯爽と走れるわけでもない。英語をはじめてもすぐに洋画を字幕無しで見れる...

参考図書

理想の人生を作る習慣化大全

行動の習慣、思考の習慣、感情の習慣、環境の習慣に関する65個のメソッドが紹介されています。

古川武士, 理想の人生をつくる 習慣化大全, ディスカヴァー・トゥエンティワン , 2019.

GRIT やり抜く力

マインドセット 「やればできる」の研究

習慣が10割

小さく始める、仕組みを作るなどの習慣化のスキルや挫折しない秘訣などが紹介されています。

吉井 雅之, 習慣が10割, すばる舎, 2018.

スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました