バレットジャーナルラボ

デジタル・バレットジャーナルとは?

バレットジャーナルは過去、現在、未来に関する柔軟な情報整理システムです。

  • track the past: 過去のやったことの記録を振り返ることができる
  • organize the present: 複雑なたくさんのやることを整理し、今に集中できる
  • plan for the future: 将来の見通しを持ち、備えることができる。

このため、日々の日記としても使えますし、タスク管理にも、アイデアづくりにも使えます。

公式の動画はこちら。

How to Bullet Journal

バレットジャーナルは、紙のノートでやるのが基本ではありますが、後述のとおり、紙とデジタルいずれにもメリットとデメリットがあります。

バレットジャーナルのシステムをデジタルツールで実践する、デジタルバレットジャーナルの実践法を紹介します。

デジタルかアナログ(紙)か?

ロイヒトトゥルムA5/ A6によるアナログのバレットジャーナルとiPad miniとNoteshelfによるデジタルバレットジャーナルを実践してきた経験をもとに、メリット、デメリットについて解説します。

メリットは、何度でも書き直せる、 文字や図を移動できる、様々なペンを選べる、ページ順を変更できる、写真や画像を取り込める、クラウドにある安心感の6つ。

一方でデメリットは、迅速性、画面が消えるため常時の見える化ができない、かさばる、デザイン性、コストの5つ。

【バレットジャーナル】ロイヒトトゥルムと比較。iPad miniでデジタルバレットジャーナルのメリット、デメリット
はじめに年末からiPad miniを活用したデジタルバレットジャーナルをトライアルとして1週間、毎日書いています。それまで1年以上ほど、ロイヒトトゥルム A6でバレットジャーナルを1年ほどやっていま...

手書きかタイピングか?

手書きのメリットは、自由度、発想。一方のタイピングのメリットは効率や整理。

デジタル・バレットジャーナル:手書きで書くかタイピングで打つか?
はじめにバレットジャーナルは、紙のノートや手帳を使うのが一般的と思いますが、iPadとApple Pencilでデジタルで実践する方も増えています。デジタルでバレットジャーナルをやるメリットは、1.何度でも書き直せ...

デジタル・バレットジャーナルの始め方

デバイスの用意

iPad miniがデジタルでのバレットジャーナルに適している理由を紹介します。

軽くてコンパクトで持ち歩くには最高のiPad。

メモやバレットジャーナルで大活躍しています。

Apple Pencilやデジタルペンシルと一緒にシステム手帳的に使っています。

iPad mini 第5世代 2ヶ月使用レビュー
iPad mini 第5世代、購入してから2ヶ月ほどたちましたので、使用感などレビューします。iPadは初代から使っており、第3世代、Air、Pro12.9、Pro 9.7と使ってきましたが、実はminiのサイズは初めて。...
iPad mini 第5世代 半年使用レビュー 〜メモ取り、マルチデバイス、手書きに大活躍〜 【習慣化ガジェット】
はじめにiPad mini 第5世代、6月に購入しましたが、今年買ってよかったもののトップ3に入る商品です。ほぼ毎日持ち歩き、使っていますが、改めていいプロダクトだと思っています。2ヶ月使用レビュー...
【バレットジャーナル】日記は手書きというあなたに。iPad miniと NoteShelfでバレットジャーナル習慣を始める方法。
はじめにロイヒトトゥルムA6でバレットジャーナルを書いていますが、iPad miniの手書きをもっと活用したくなり、トライアルとしてiPad miniで書いていきます。iPad miniでのパレットジャーナ...

Apple Pencilでなく、デジタルペンシルmpioを使ってます。

iPad Pro+Apple Pencil第二世代でもデジタル手書きをしていますが、それと比べてもmpioの書き味、悪くないです。

【バレットジャーナル】ロイヒトトゥルムと比較。iPad miniでデジタルバレットジャーナルのメリット、デメリット
はじめに年末からiPad miniを活用したデジタルバレットジャーナルをトライアルとして1週間、毎日書いています。それまで1年以上ほど、ロイヒトトゥルム A6でバレットジャーナルを1年ほどやっていま...
【iPad手書き】コスパ最高のiPad対応デジタルペンシル mpioレビュー
はじめにしばらくiPadでは手書きからはなれていたのですが、やはり手書きで書くデジタルノート、楽しいですね。iPadをお使いであれば、mpioデジタルペンシル、かなりおすすめです。コストパフォーマンス最高です。...

ケースはペンシルホルダー付きのこちらの専用ケースがおすすめです。

バレットジャーナルが捗る! Apple Pencilホルダー付きiPad miniケースZtotop
はじめにiPad miniを2019年6月に購入して9ヶ月ほどになりますが、本当に愛用しています。軽くてコンパクトで持ち歩くには最高のiPad。メモやバレットジャーナルで大活躍しています。Apple...

デジタル・バレットジャーナルのアプリ

手書きノートアプリもいろいろとあります。

どのアプリを使うのか選び方について解説します。

おすすめの一つはNoteshelf。

【バレットジャーナル】日記は手書きというあなたに。iPad miniと NoteShelfでバレットジャーナル習慣を始める方法。
はじめにロイヒトトゥルムA6でバレットジャーナルを書いていますが、iPad miniの手書きをもっと活用したくなり、トライアルとしてiPad miniで書いていきます。iPad miniでのパレットジャーナ...

OneNoteもおすすめです。

OneNote for iPadがデジタル手書きのバレットジャーナルに適している3つの理由
はじめにOneNote for iPadで手書きのバレットジャーナルをはじめてみましたが、非常にいいです。OneNoteの自由度の高さ、方眼などのノート種類の豊富さ、ノートを整理する管理方法、セクションやノートへの...
iPhone用OneNoteでデジタルバレットジャーナル!便利な3つの特長
はじめにiPad版OneNoteによるバレットジャーナル、なかなかいいです。たくさん書いてもその一日が、1ページに収まります。今はiPad miniあるいは、iPad Proで書いています。...

デジタル・バレットジャーナルの実践法

バレットジャーナルは、紙のノートでやるのが基本ではありますが、バレットジャーナルのシステムをデジタルで実践する方法を解説します。

【バレットジャーナル】新年スタートに向けて。iPad miniとNoteShelfによる手書きのデジタルバレットジャーナル実践法
はじめにバレットジャーナルは過去、現在、未来に関する柔軟な情報整理システムです。track the past: 過去のやったことの記録を振り返ることができるorganize the present: 複雑なたくさん...

続ける習慣

ついついノートを開くのを忘れてしまう、書くことに慣れていなくてペンを持つのが面倒になったり、なかなか続かない方に。

忘れないようにする、面倒さをなくすには習慣化が有効です。

バレットジャーナルの習慣化のために、目標達成の切り札である「If-Thenプランニング」を活用する方法を紹介します。

【書く習慣】バレットジャーナルが続かない方に。If Thenプランニングで習慣化!
はじめにバレットジャーナル始めたけど、いつのまにかやめてしまった、なかなか続かないという方いらっしゃるのではないでしょうか?理由は、ついついノートを開くのを忘れてしまう、書くことに慣れていなくてペンを持つのが面倒な...

振り返り

レビュー、振り返りもいいです。

たくさんの気づきを得られます。

マンスリーログを使って、1週間、1ヶ月を振り返りましょう。

バレットジャーナルのマンスリーログで1週間、1ヶ月を振り返る方法
はじめにマンスリーログ、活用できていますか?マンスリーログは、1ヶ月の予定を入れるページで、1ヶ月を俯瞰して見ることができます。月の主要なイベントやタスクを書くのですが、ここに予定だけではなく、実績...

ノートを耕す習慣を身につけると、どんどん思考を積み上げて先に進むことが出来ます。

【ノートを見返し、耕す習慣】Evernote, OneNote, Noteshelf, iThoughts、デジタルノートで思考を積み上げ
はじめにノート、活用できていますか? ノートにメモをとったり、アイデアを書いたりする方は多いと思います。では、見返したり、そこに追記して発想を広げていくということはやっているでしょうか?ノートに書き...

その他

サイズはA5かA6か?

なお、紙のバレットジャーナルも結構好きです。サイズをA5にするかA6にするか、どちらが自分にとって最適なのか試しています。

A5・A6サイズのメリット、デメリット比較はこちらをご覧ください。

バレットジャーナル用手帳ロイヒトトゥルムのA5/A6サイズの選び方5つのポイント
A5かA6? 悩ましいサイズ選び手帳はアナログ派ですか、デジタル派ですか?アナログの紙の手帳をお使いの場合、サイズはどれくらいでしょうか?用途によってアナログ、デジタルの使い分け、紙のノートの最適なサイズは異なり、それぞれメリット、デメリッ
バレットジャーナル、在宅勤務に最適なノートのサイズ
A5サイズとA6サイズどちらがよいか?バレットジャーナルとして、A5サイズとA6サイズのいずれも実践した結果、持ち歩きのしやすさからA6サイズを使っていました。A6であれば重さも感じず、スーツの内ポケットに...

参考書籍

バレットジャーナル 人生を変えるノート術

バレットジャーナルの公式ガイド。バレットジャーナルが生まれた背景から考え方、実践法まで学べます。「本当に重要なことに集中し、自分にとって大切なこととはなにかを考える上できわめて貴重な「アナログの避難所」を提供している。」とあるように自分への理解を深めるツールという位置づけが興味深いです。

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル

入門編として、デイリーログ、フューチャーログ、コレクションなど書き方が丁寧に解説されています。
カラー写真などおしゃれで見ていて楽しいです。

ロイヒトトゥルム1917ではじめる箇条書き手帳術

ロイヒトトゥルムではじめるとあるように、ロイヒトトゥルムが好きな方は読むといいでしょう。事例も豊富で、書き方、工夫点などアイデアが得られます。

シンプルなのに驚くほどうまくいく! バレットジャーナル活用術

インスタグラムに、@88necocoというIDで、デザイン性のあるバレットジャーナル手帳を公開されています。それを見て気に入ったら本も手に取るといいでしょう。
https://www.instagram.com/88necoco/?hl=ja

スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました