TodoistからEvernoteのタスク機能へ移行する3つの理由

はじめに

これまでタスク管理にはTodoistを活用していました。

タスク管理アプリの定番「Todoist」の使い方、レビューの仕方、他サービス連携、様々な応用などまとめ記事。
はじめにやるべきこと、やりたいこと、いわゆるタスクは生活している限り、途絶えることはありません。仕事、生活、遊び、あらゆる場面にタスクが現れます。レポートを提出する、期限までに支払いする。やるべきタ...

たくさんのタスクをプロジェクト、タスク、サブタスクとして階層的に見やすく整理でき、簡単な操作でタスクの日時の変更ができます。

一方であくまでタスクを管理するアプリであり、プロジェクトの目的、状況、課題、スケジュール、履歴などの情報を扱うことは難しく、プロジェクトの管理はEvernoteや OneNoteなどのノートアプリを利用していました。

Evernoteにタスク機能が実装されたことをきっかけに、しばらくトライアルとしてEvernoteでプロジェクトとタスクを管理して、便利さを実感しています。

Evernoteでタスク管理。新機能「タスク」の3つのポイント
はじめにEvernoteのホーム画面に続き、大型の新機能です。現在早期アクセスを開始しているところですが、タスクを管理する機能が統合されました。Evernoteの新機能「タスク」の3つの...

TodoistからEvernoteのタスク機能へ移行する3つの理由を紹介します。

  1. タスク関連アプリを1つにシンプル化できる
  2. プロジェクトに集中できる
  3. タスクの履歴をノートに残すことができる

Evernoteのタスク機能へ移行する3つの理由

タスク関連アプリを1つにシンプル化できる

本来、タスクはプロジェクトの一つの要素ですが、ノートアプリでは扱いづらかったため、別のタスク管理アプリを使っていました。

そのためタスクが属するプロジェクト自体の情報を見るにはEvernoteを開く必要がありました。

タスク管理機能があるのであれば、わざわざ分ける必要はなく、見に行くアプリを1つにでき、タスクを見に行けば関連情報を一緒に見ることができます。

アプリを減らすことでホーム画面も少しスッキリします。

プロジェクトに集中できる

プロジェクトのノートにメモを取ったり、レビューする際に、新しいタスクを追加する場面でアプリを切り替える手間なく、タスクを追加できます。

タスクに関するメモなどを修正するのも同様。

タスク管理アプリに切り替えてタスクの追加や修正を行うと、その時に他のプロジェクトやタスクが入って気が散ります。

プロジェクトのノートから離れずにタスクの追加、修正をすることで、プロジェクトに集中する状態をキープできます。

タスクの履歴をノートに残すことができる

Evernoteでタスクを扱うことで、完了タスクの情報をプロジェクトのノートに残すことができます。

タスクの漏れがないのか確認したり、後からそのタスクをどのように実行したのかを確認する際に、完了タスクの情報が必要です。

タスク管理アプリが分かれていると、わざわざEvernoteに転記する手間がありました。

その手間がなくなりますし、完了タスクに関するメモも一緒に残すことができます。

まとめ

TodoistからEvernoteのタスク機能へ移行する3つの理由を紹介しました。

  1. タスク関連アプリを1つにシンプル化できる
  2. プロジェクトに集中できる
  3. タスクの履歴をノートに残すことができる

Todoistの機能としてのGoogleカレンダーとの双方向同期やタスクを明日、週末、来週などに簡単に変更する操作性なども捨て難いのですが、Evernoteへの一元化も大きな魅力です。

Evernoteのタスク機能の今後のアップデートに期待です。

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました