夜、明日の予定、タスクをノートに書く習慣

いつも朝、なかなかエンジンがかからない。

1日の予定をこなすので精一杯で余裕がない。

受け身で仕事をしている。

もし、こんな悩みがあるなら、夜、明日の予定をノートに書いてみましょう。

9:00-9:30 先延ばしタスクの片付け

10:00-10:30 打ち合わせ

14:00-15:00 訪問
...

面倒でもタイピングよりもノートに書くと、書きながら思考が進みます。

先延ばしタスク、どれからやろうか。

打ち合わせでは何をどういう順番で話そうか。

訪問では何を持っていくと良いか。

そのようなアイデアをどんどん書き出していくと1日のシミュレーションができます。

また、どんな1日にすると楽しくなるかを考えのもいいでしょう。

ランチはあの店に行ってみよう、あの本を電車で読もうなど、ワクワクするアイデアが生まれます。

このように前日に次の日の計画を立てる「段取り」習慣を持つと以下のようなメリットがあります。

  1. 安心:持ち物、準備の抜け漏れをなくすことができる
  2. 効率:次の日の朝から迷いなく行動できる
  3. 先手:朝から段取り良く行動できる
前日に次の日の計画を立てる「段取り」習慣を持つべき3つの理由
はじめになんだか忙しい。いつもバタバタしている。そんな毎日を過ごしていないでしょうか。前日の夜に計画を立てておく習慣を持つと、仕事もプライベートもスムーズに動かせます。夜、疲れていて...

明日の予定、タスクを書くのに10分もかかりません。

しかし、これをやるのとやらないとでは1日の質が大きく変わります。

夜に、次の日の予定を書く。

ぜひ試してみてください。

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました