デジタル片付け。iPhoneホーム画面を整理しよう

家族のiPhone設定などを手伝うときにちょっと気になるのはホーム画面。

ごちゃごちゃしていて、よく使うであろうアプリが最初のホーム画面でなく、右隣の画面やさらに
その先の画面に置いてあったり。

アプリの並びもバラバラで探しづらい。

もちろん、持ち主がその並びに慣れていたり、特に使い勝手に悩んでいたり、不満がなければそのままでOKです。

でも、もしアプリを使うときに何度もホーム画面をスワイプしたり、アプリを探すのに時間がかかっているのであれば、ホーム画面を整理しましょう。

基本はよく使うアプリをホーム画面やドックと呼ばれるアプリ配置場所に置きます。

ドックはホーム画面を移動しても常に下に固定して表示されるため、もっともよく使うアプリを厳選して配置しましょう。

あまり使わないアプリは、最初のホーム画面を左にスワイプすると現れる第2ホーム画面に配置。

アプリはジャンルで並びをまとめると見つけやすくなります。

お使いのアプリが多いのであれば、同じジャンルのアプリをフォルダに入れて
整理しても良いでしょう。

ホーム画面の整理の仕方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

iPhoneでクリーンなホーム画面を作る。アプリを整理する3つのステップ [iOS14対応]
はじめにインプット過多、情報過多になっていないでしょうか。情報過多は脳を疲労させます。身の回りの情報環境をシンプルにしましょう。一日に何度も見る、iPhoneのホーム画面をスッキリさせてはいかがでし...

ホーム画面を整理することのメリットは大きく2つ。

第一に使い勝手が上がり、時短になります。

ちょっとの操作でも、iPhoneを触る回数は多く、ちりも積もれば結構な時間になります。

第二に、ホーム画面がスッキリして無駄なストレスが減ります。

ホーム画面は1日に何度も見る場所。

乱雑な視覚的刺激を何度も受けることになります。

ぜひ、ホーム画面を整理しましょう。

ホーム画面でのウィジェット機能の活用についても記事もご覧ください。

究極の習慣化環境。5つの習慣化ウィジェットを活用したiPhoneホーム画面の作り方
はじめに毎日、あなたは何回、iPhoneのホーム画面を見ていますか。30回から80回、多い方では100回を超えるでしょう。やると決めた習慣をつい忘れてしまうなら、iPhoneのホーム画面を活用しましょう。...
iPhoneのウィジェットに入れるべきアプリ8選[iOS14対応]
iPhoneのウィジェットがiOS14で新しくなり便利になりました。従来は、ホーム画面から右にスワイプするとウィジェット専用の画面になっていました。 それがiOS14ではホーム画面にもウィジェットが配置できるように...
デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
片付け・デジタルデトックス
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました