OneNote、Evernote、GoodNotes等デジタルノートの弱点

デジタルノートとして、OneNote, Evernote, Google Keep, GoodNotesなど様々なアプリを使い分けていますが、あらためて最近のお気に入りはOneNote。

OneNoteはノートブック、セクションに色がつけられたり、順番の並び替えができたり、各ノートにノートブックやセクションが増えても、目的のページを探しやすくなっています。

2020年版:EvernoteとOneNoteの比較レビューと使い分け
はじめにOneNote、以前は動作が重かったり、同期がいまいち不安定で敬遠つかっていなかったのですが、最近は安定していて、EvernoteよりもOneNoteを使う機会が増えています。特に手書き機能については、On...

デジタルノートは、編集可能で読みやすく、共有や再利用ができるなど様々な利点があります。

しかし、大きな問題の一つは見えなくなること。

作業のためにアプリを切り替えたり、ディスプレイの電源を切ったら、視界から消えます。

紙のノートは物理的なページの実体がそこにあり、しまわない限り、そこにあります。

ノートを開いておけばその内容が常に目に見えています。

ちょっとメモをしたり、タスクを書くには紙のノートの方が便利。

また、アナログの方が疲れにくいこともあります。

デジタル過多の時にアナログツールを取り入れる3つの理由
はじめにメールチェック、資料確認、書類作成、そしてWeb会議。iPhone、iPad、Macのスクリーンを1日中見ていると結構、目の疲労がたまります。デジタル過多になっていると感じたら、ペンや紙のノートなど...

デジタルノートで全てを完結させるのは一見、効率的に見えますが、紙の方が楽だったり、やりやすいことはたくさんあります。

デジタルツールを使いこなそうと、完全ペーパーレスを追い求める必要はありません。

あなたの使い分けをしましょう。

バレットジャーナルとTodoistを併用する3つの理由の記事もご覧ください。

バレットジャーナルとタスク管理アプリTodoistを一緒に使う3つの理由
Todoist: ToDoリスト・タスク管理・リマインダー: App Storeプレビューより引用はじめにバレットジャーナルはシンプルな箇条書きノート術です。やること(タスク)や予定(イベント)、アイデア(メモ)な...
デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
書く・アウトプット習慣
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました