調子が悪い時は必ず書けていない。手帳・日記は調子のバロメーター。

やる気が出ない、腰が重くて行動ができない、習慣が続いていない。

そんな調子が良くない時は、必ずと言っていいほど、セルフコーチング手帳が書けていません。

「セルフコーチング手帳」は行動デザインラボが開発しているコーチングの質問を含む手帳術。

手帳にセルフコーチングを組み合わせることで、質問からアイデアを引き出し、1日を振り返り、軌道修正することができる手帳・日記です。

手帳+セルフコーチング。セルフコーチング手帳の書き方。
はじめに手帳を使いこなしていますか。目標達成や毎日の計画、課題の振り返りをするためにどんなことを手帳に書くとよいのでしょうか。「セルフコーチング」は自分自身をコーチングすることであり、自らの問題解決や目標達...

調子が良くないので、手帳を書けないという因果関係もありますが、それよりも手帳を書かないがために、軌道修正や改善ができず、どんどん悪化していくという感覚です。

少し、落ち込んだことがあったり、疲れた時、セルフコーチング手帳で振り返ることで、そんな小さな問題について対策を考えたり、受容したり、なんらかの対処ができています。

一方でその振り返りをやらないと、その小さな問題について何の対処もされず、問題が大きくなっていくという構造。

セルフコーチング手帳に記録し、振り返るという基本行動がやはり大事。

小さな問題を見逃して大きな問題にしない。

なかなか書けないのであれば、カフェに行っておいしいケーキ、コーヒーを楽しみながら書く。

コントロールを保ち、ごきげんな状態でいるために、セルフコーチング手帳に書くことに投資しましょう。


デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
書く・アウトプット習慣
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました