MacアプリStackで自分の作業スペースを固定化する3つの理由

はじめに

毎日、使うWebサイトやWebのツールはほぼ決まっています。

ソーシャルメディア、ドキュメントやスプレッドシート、プロジェクトのノート、Webストレージ、情報サイト。

毎日、ブラウザのブックマークからそれらのWebアプリを開く作業をしていたとしたら、非常に無駄です。

様々なWebアプリを1画面にまとめられるMacアプリStackを使いましょう。

様々なWebアプリを1画面にまとめられるMacアプリStackの使い方
This is Not a Browser - But It Can Open Anything on the web | StackはじめにChromeやSafariのタブをたくさん開いて作業していないでしょうか。...
This is Not a Browser - But It Can Open Anything on the web | Stack
Stack is not a browser, neither it’s just a computer program, but it’s an idea, the idea to make our new virtual home pleasant and human. Learn More.

いつもやっている作業に合わせて、一緒に使うWebアプリをまとめてグループにし、”スタック”に追加します。

Stackでは、一つ一つのWebアプリ(Webページ)をカードと呼びます。

つまり、カードをまとめたものがスタックになります。

Stackの動作はこの動画が分かりやすいです。

MacアプリStackで自分の作業スペースを固定化する3つの理由を紹介します。

  1. たくさんのタブが並ぶゴチャゴチャから解放される
  2. 一緒に使うアプリを並べておきすぐに作業できる
  3. 作業に集中でき脱線しない

Stackで自分の作業スペースを固定化する3つの理由

たくさんのタブが並ぶゴチャゴチャから解放される

1については、ChromeやSafariなどのブラウザでたくさんのWebアプリを開いていないでしょうか。

タブがたくさんあると、それを切り替えたり、使いたいWebアプリのページを探すのも大変です。

タブを並べ替えたり、ピン留めしたりと整理することもできますが、結構大変です。

Stackであれば固定的にWebアプリを整理できるため、ゴチャゴチャしません。

Stackでいつも使うWebアプリを使うようにすれば、ブラウザで開くタブが減るためスッキリします。

一緒に使うアプリを並べておきすぐに作業できる

いつも画面上で複数のサイトを並べて作業することはよくあるでしょう。

スプレッドシートと情報元のWebページを並べたり、ソーシャルメディアのページと動画ページを並べたり。

Stackは複数のアプリを並べて作業スペースを作ることができるため、わざわざWebアプリを開いて並べるという面倒な作業から開放されます。

その作業スペースを開けばすぐに作業を始められます。

3つ、4つのWebアプリを配置しても横スクロールでスムーズに移動できます。

作業に集中でき脱線しない

ワークスペースを全画面表示にすると、そこには作業に必要なWebアプリのみが表示されます。

ワークスペースごとに通知を制限することもできるため、ソーシャルメディアの新着記事、メーラの受信通知なども抑制できます。

他の集中を妨げるような情報が目に入らない作業環境を作ることができます。

まとめ

MacアプリStackで自分の作業スペースを固定化する3つの理由を紹介しました。

  1. たくさんのタブが並ぶゴチャゴチャから解放される
  2. 一緒に使うアプリを並べておきすぐに作業できる
  3. 作業に集中でき脱線しない

Stackを活用して、クリエイティブで生産的な自分の作業スペースを作りましょう。

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました