タスク管理にApple純正リマインダーを使う3つの理由

はじめに

タスク管理アプリとして何を使っていますか?

Todoist, Ticktick, Google Todoなど様々な便利なタスクアプリがあります。

iPhone, iPad, Macで使えるApple標準のタスク管理アプリ「リマインダーApp」が意外と便利です。

標準アプリのため、無料で使うことができ、高機能で使い勝手にも優れています。

タスクをリストで整理したり、リストをさらにフォルダに入れたり、タスクの下にサブタスクをいれるなど、たくさんのタスクを整理する機能も充実しています。

タスク管理にApple純正リマインダーを使う3つの理由を紹介します。

  1. Appleシステムと統合されてる
  2. 時刻、場所でリマインドできる
  3. Siriから入力できる

Apple純正リマインダーを使う3つの理由

Appleシステムと統合されている

標準アプリのため、最初からインストールされていてすぐに使えます。

iCloudで連携するため、iPhoneで変更したタスクが、すぐにiPadやMacのリマインダーに反映されます。

さらにApple WatchのFace画面に、コンプリケーションでリマインダーのタスクを表示することができます。

Siriフェイスにもタイムリーに知らせてくれて便利です。

他にもメモAppとも連携でき、あるメモをリマインダーのタスクとして登録することができます。

そのタスクからメモAppのメモを呼び出すことができます。

意外と活用されていないiPhoneのメモappの3つの特長
‎「メモ」をApp StoreではじめにiPhone, iPad, Macの標準アプリのメモapp、活用していますか。このメモapp、若干デザインが地味であまり目立たないアプリですが、かなりの優れもの。...

時刻、場所でリマインドできる

何時何分という時刻を指定してリマインドの通知をもらうことができます。

また、自宅や会社、場所を指定してリマインドの通知を設定できます。

場所としては現在地もあれば、東京駅や東京タワーなど名前で検索して住所を設定することも可能です。

Siriから入力できる

Hey Siri、と呼びかけて、声でタスクを追加できます。

わざわざ、タイピングしなくても、気軽にタスクを登録できます。

例えば、「明日の7:30に書類をリマインド」と話しかけると、「はい、リマインダを設定しました。明日の19:30のリマインドです」と声で確認をしてくれるため、朝と夜の時間を間違えることもありません。

朝の7:30を指定したいのであれば「朝7:30に書類をリマインド」と伝えれば間違えはないでしょう。

まとめ

タスク管理にApple純正リマインダーを使う3つの理由を紹介しました。

  1. Appleシステムと統合されている
  2. 時刻、場所でリマインドできる
  3. Siriから入力できる

他のタスク管理アプリの記事もご覧ください。

タスク管理アプリの定番「Todoist」の使い方、レビューの仕方、他サービス連携、様々な応用などまとめ記事。
はじめにやるべきこと、やりたいこと、いわゆるタスクは生活している限り、途絶えることはありません。仕事、生活、遊び、あらゆる場面にタスクが現れます。レポートを提出する、期限までに支払いする。やるべきタ...
GoogleカレンダーにおけるGoogle ToDo、GoogleKeep、リマインダーの使い分けの方法
はじめにGoogleカレンダーには予定だけでなく、Google ToDo、リマインダー、Google Keepを連携させて、特定の日時にタスクや通知、メモを表示できます。一つのアプリに様々な情報を統合でき、シンプル...
デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました