振り返りを習慣化。セルフコーチング習慣ボットをGoogleカレンダーから呼び出す

毎日の振り返り、1週間の振り返り、続いていますか?

なんとなくマンネリ化している、なかなか書けないという方のために、セルフコーチング習慣ボットによる振り返りのお助け機能を紹介しました。

振り返り、マンネリ化してませんか。自分では出てこない気づきの質問をしてくれるセルフコーチング習慣ボット。
はじめに毎日の振り返り、1週間の振り返り、マンネリ化していませんか。いつも同じことばかり書いているという方もいるかもしれません。自分の思考パターンを変えていくには、「いつもの自分とは異なる立場から質問を発す...

振り返りの度にLINEを起動して、セルフコーチング習慣ボットのトーク画面を開いて、振り返りのメニューボタンを押すという操作があるため、若干面倒。

面倒なことは続かないため、Googleカレンダーからセルフコーチング習慣ボットを簡単に呼び出せるようにしました。

LINEの機能を呼び出すことができるLINE URLスキームを活用します。

LINE URLスキームを使うと指定したLINE公式アカウントとのトーク画面を開いて、設定したテキストメッセージを送ることができます。

LINE URLスキームでLINEの機能を使う
LINE URLスキームを使って、ユーザーに特定のコンテンツを開いたり特定の動作を実行したりさせることができます。URLスキームは、iOSまたはAndroid版のLINEでサポートされます。Webアプリ、モバイルアプリ、またはボットアプリでURLスキームを利用できます。
https://line.me/R/oaMessage/{LINE ID}/?{text_message}LINE公式アカウントとのトーク画面を開きます。{text_message}に設定したテキストメッセージをLINE公式アカウントに送信できます。

つまり、Googleカレンダーの予定の説明欄にこのLINE URLスキームを指定することで、セルフコーチング習慣ボットのトーク画面を開いて、「振り返り」というメッセージを送ることができます。

例えば、Googleカレンダーの予定として、振り返りを夜の22:00〜22:15に毎日の繰り返しとして設定します。

すると、22時に「振り返り」の予定の通知がやってきます。

そして予定の説明欄にあるリンクをタップすると、セルフコーチング習慣ボットが呼び出され、振り返りの質問をしてくれます。

かなり便利になりました。

URLを使ってセルフコーチング習慣ボットを呼び出せるため、スマートフォンであればメールから本ボットを呼び出したり、Webサイトから呼び出すこともできます。

例えば目標設定の記事の中から、セルフコーチング習慣ボットを呼び出すこともできます。

あいまいな目標設定になってませんか。LINEで目標を深掘りする質問をしてくれるセルフコーチング習慣ボット
はじめに英語を勉強する、もっとジョギングする、早起きを頑張る。目標を立ててもなかなか続かないという悩みありませんか。それは目標があいまいで、なんとなく、漠然と思っているのが一つの原因です。適切な目標...

面倒なことはほんと続きません。

仕組み化して簡単にできるようにするのが大事ですね。

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
セルフコーチング・思考習慣
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました