iPad Pro12.9インチの活用法。SidecarでMacBook Pro 16インチのサブディスプレイ化

Sidecar で iPad を Mac の 2 台目のディスプレイとして使う – Apple サポート

はじめに

MacBook Pro 16インチを使っていても、画面が狭いなと感じることがあります。

そんな時、iPadをMacの2台目のディスプレイとして活用すると画面を広く使うことができます。

macOS Big Surの場合、コントロールセンターまたはメニューバーで「ディスプレイ」メニューをクリックし、メニューから iPad を選択すればすぐにつながります。

Sidecarを使うには以下の要件を満たす必要があります。

両方のデバイスで、2 ファクタ認証を使った同一の Apple ID で iCloud にサインインしておく必要があります。

Sidecar をワイヤレスで使う場合は、両方のデバイスを 10 メートル以内に近づけ、Bluetooth、Wi-Fi、Handoff を有効にしておく必要があります。さらに、iPad でモバイルデータ通信を共有していないこと、Mac でインターネット接続を共有していないことも確認してください。

Sidecar で iPad を Mac の 2 台目のディスプレイとして使う
Sidecar を使えば、Mac のデスクトップを拡張またはミラーリングするディスプレイとして iPad を活用できます。

MacBook Pro 16インチとiPad Pro 12.9インチでSidecar

iPad Pro 12.9インチとMagic Keyboardの構成で、MacBook Pro 16インチと並べるとちょうどいいバランスです。

表示が遅れることもなく、快適です。

Sidecar のセッション中、MacBook Proのキーボードはもちろん使えますし、iPad ProのMagic Keyboardからも入力できます。

一方、MacBook Proのトラックパッドを使って、ポイント、クリック、選択することもできますし、iPad Pro側ではApple Pencilを使うこともできます。

画面が大きい代わりに重くてかさばるiPad Pro 12.9インチですが、その活用シーンが増えました。

iPad Pro 11インチではなく、 12.9インチを選ぶ3つの比較ポイント
はじめにiPad Proには11インチと12.9インチの2種類があり、どちらを選ぶか迷う方は多いのではないでしょうか。iPad Proについて11インチではなく、12.9インチを選ぶ3つのポイントを紹介します。...

まとめ

MacBook Pro 16インチとiPad Pro 12.9インチでSidecarを使うと、かなり広く画面を使えます。

MacBookとiPadを両方お持ちで、もしSidecarを使ったことがないのであれば一度、試してみてはいかがでしょうか。

MacBook Pro単体で作業するよりも作業効率が格段に上がります。

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました