習慣化アプリHabitifyをさらに活用する3つの設定のポイント

はじめに

Habitifyはシンプルなデザインながら、充実した振り返り・可視化機能や素早くアクセスできるウィジェット機能、多くのデバイスから使えるマルチデバイス機能など、高機能な習慣化アプリ。

習慣化アプリの定番:Habitifyの3つの特長
はじめに習慣化したい行動の記録やふりかえりのためのアプリ、いわゆる習慣化トラッカーは多くあります。そのなかで定番ともいえる人気のアプリ、Habitifyを紹介します。Habitifyはスッキリしたシ...

高機能なだけに様々な設定が可能ですが、Habityを活用する3つの設定のポイントを紹介します。

  1. 習慣の時間帯を設定する
  2. 習慣のリマインダーを設定する
  3. カテゴリを設定する

Habitifyを活用する3つの設定ポイント

習慣の時間帯・リマインダを設定する

Habitifyではそれぞれの習慣タスクにおいて、それを実行する時間帯を設定できます。

例えば上の図では、「今日の計画立てる」というタスクについて時間帯は午前・午後・夜の3つから選べます。

時間帯を指定しておくと、朝や午前中にやる習慣タスクに限定して表示できるため、実行の際に便利です。

習慣のリマインダーを設定する

習慣タスクには、複数のリマインダー通知を設定できます。

例えば1日に瞑想を朝と夜の2回やるという習慣タスクについて、リマインダーを6:30と21:30にセットすることができます。

通知があった時にやると決めておけば、あとは忘れておけます。

カテゴリを設定する

習慣をたくさん登録したらカテゴリで分けましょう。

個別の習慣だけでなく、例えばカテゴリごとの達成率を可視化することができます。

例えば健康カテゴリには、体重記録、筋トレ、散歩の習慣を入れています。

まとめ

Habityを活用する3つの設定のポイントを紹介しました。

  1. 習慣の時間帯を設定する
  2. 習慣のリマインダーを設定する
  3. カテゴリを設定する

通常のタスクと、Habitifyが扱うような習慣タスクを分けて管理したほうが良いでしょう。

こちらの記事もご覧ください。

通常タスクと習慣タスクを分けて管理する3つの理由: TodoistとHabitifyを活用
はじめにあるプロジェクトにおけるタスクや、用事、買い物などの通常のタスク。そして、運動や勉強、日記など毎日あるいは定期的に実行する繰り返しの習慣タスク。どちらもやるべきこと、タスクですが、だいぶ性格が違いま...
デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました