Apple WatchでSiriフェイスを使う3つの理由

はじめに

Apple Watchの特徴は文字盤(フェイス)を色々と選べるところ。

最近はSiriフェイスをよく使うようになりました。

タイムマネジメントのためのApple Watchフェイス。Siriフェイスの利点と欠点。
はじめにApple Watchのフェイスはどれをお使いですか?現在、主にインフォグラフモジュラーとSiriの2つを使い分けています。タイムマネジメントに関してはこの2つのフェイスが向いていると思います。...

SiriフェイスはApple Watchが秘書のように自動でその時間帯に必要そうな情報を提示してくれます。

Apple WatchでSiriフェイスをメインで使う3つの理由を紹介します。

  1. 予定や天気を自然とチェックできる
  2. 運動や深呼吸を習慣化してくれる
  3. 就寝準備をお知らせしてくれる

Apple WatchでSiriフェイスを使う3つの理由

予定や天気を自然とチェックできる

Siriフェイスにはカレンダーの予定のカードが並んで表示されていて次の予定が自然と目に入ります。

リューズを回せばその日の予定が簡単に分かる。

予定が多く入っている方にはSiriフェイスは便利でしょう。

また、朝はわざわざ天気のコンプリケーションをタップしなくとも、Apple Watchを見れば天気のカードが表示されています。

夜、リューズを回して明日の予定をチェックすると、天気のカードが表示されて、自然と次の日の天気も最高温度、最低温度も分かります。

欲しい情報がさりげなく表示されるのが心地よいです。

運動や深呼吸を習慣化してくれる

カードとして、アクティビティのリングを完成させるようにさりげなく運動を勧めくれます。

もう少し運動してみようかという後押しになります。

また、たまに呼吸Appが表示され、深呼吸を促してくれます。

Apple Watchのアドバイスの度に少しの運動や深呼吸をすれば、徐々に習慣化できるでしょう。

気軽にマインドフルネス習慣。Apple Watchの呼吸アプリの3つの特長レビュー
呼吸 App を使う - Apple サポートはじめに焦っていたり、緊張していたり、ストレスがある状態の時は呼吸が浅くなっています。そんな時はなかなか集中もできないでしょう。ゆっくりと深く長く呼吸する「腹式...

就寝準備の時間をお知らせしてくれる

早起きの一番のポイントは寝る時間。

早く寝なければ、早く起きることはできません。

無理して早起きしても十分な睡眠時間が取れず、睡眠負債がたまり、調子も上がらないため、早起きする意味はありません。

iPhoneのベッドタイム機能は、毎晩確保したい睡眠時間を設定しておけば、就寝準備時刻や就寝時刻にを知らせてくれ、起床時刻になるとアラームを鳴らしてくれます。

良い睡眠習慣をアシストしてくれるiPhone 時計Appのベッドタイム機能の使い方
はじめにiPhoneのベッドタイム機能、活用してますでしょうか?ベッドタイム機能の一番の特徴は目覚ましだけでなく、寝る時間もお知らせしてくれることです。「毎晩確保したい睡眠時間を設定しておけば、時計 App...

その就寝準備、就寝時刻の時間をSiriフェイスは自動で表示してくるため、そろそろ寝る準備をしないとと意識することができます。

まとめ

Apple WatchでSiriフェイスをメインで使う3つの理由を紹介しました。

  1. 予定や天気を自然とチェックできる
  2. 運動や深呼吸を習慣化してくれる
  3. 就寝準備をお知らせしてくれる

Siriフェイスをぜひ活用してみてください。

Apple Watchによる生活習慣改善の記事もご覧ください。

生活習慣改善のためにApple Watchを買う3つの理由
はじめに睡眠不足。ストレス。運動不足。心と身体を整えるには、生活習慣を改善する必要があります。Apple Watchの特長の一つはヘルスケア機能。生活習慣改善のためにApple Watchを買う3つ...

 

 

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました