SlackとTodoistを連携する3つの理由

はじめに

ビジネスチャットツールSlackを使っていると、プロジェクトのチャネルでメンバーから依頼されたり、プロジェクトにおいて課題が出てくると、タスクが発生します。

タスク管理アプリでその都度、タスクを手動で追加してもよいのですが、Slackは様々なアプリと連携できるのも一つの魅力です。

Slackとタスク管理アプリTodoistを連携することができます。

Slack で Todoist を使う
よくある質問に対する回答を見つけて、自分でまたはチームで Todoist を使う方法を学びましょう。

Slackとタスク管理アプリTodoistを連携する3つの理由を紹介します。

  1. クイックにTodoistタスクに追加できる
  2. タスクから元のSlackメッセージへのリンクがある
  3. デスクトップ、モバイルどこでも使える

SlackとTodoistを連携する3つの理由

クイックにTodoistタスクに追加できる

新しく投稿されたメッセージの中に依頼事項が入っていると、タスクが発生します。

発生したタスクを即座に、Todoistのinboxに入れたり、既存のプロジェクトを指定して追加することができます。

わざわざSlackのメッセージをコピーして、Todoistでタスクを新規作成してペーストする必要はありません。

タスクを追加する際、優先度や期日の指定もできます。

タスクから元のSlackメッセージへのリンクがある

Slackからタスクを追加すると、元のメッセージのリンクがタスクにつきます。

そのため、Todoistから、タスクが発生した元のSlackのスレッドに飛び、その文脈や関連情報を確認することができます。

Todoistのタスクに色々と細かく追記する必要がないため便利です。

デスクトップ、モバイルどこでも使える

SlackのデスクトップアプリでTodoistの連携を一度実行すれば、Slackのデスクトップアプリだけでなく、モバイルアプリでも同じようにTodoistの連携機能が使えます。

iPhoneアプリでもiPadアプリでも同様です。

移動中など、いつでもどこでもメッセージをタスクにできるため、後でMacBookで処理しようと後回しにすることなく、その場で片付けることができます。

まとめ

Slackとタスク管理アプリTodoistを連携する3つの理由を紹介しました。

  1. クイックにTodoistタスクに追加できる
  2. タスクから元のSlackメッセージへのリンクがある
  3. デスクトップ、モバイルどこでも使える

SlackとGoogleカレンダーの連携機能も便利です。こちらの記事もご覧ください。

GoogleカレンダーとSlackを連携。ダメ押しで予定を通知してもらう方法。
はじめに打合せや移動などの時間が決まっている予定について、iPhoneやApple Watchから通知をもらうと、遅れることなく行動ができます。Googleカレンダーなどカレンダーアプリを使うと予定の5分前、10分...
デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました