Planner for iPad活用法: Split ViewでGoogleカレンダー、Evernoteと一緒に使う方法

はじめに

Planner for iPadはGoogleカレンダーと連携できる楽しい手帳アプリ。

Apple Pencilを使ってカレンダーに手書きで直接書き込むことができ、予定やタスクのプランニングが捗ります。

【手帳習慣】手帳がなかなか続かないあなたに。デジタルカレンダーにApple Pencilで手書きする楽しいiPad手帳アプリ、Planner for iPadレビュー
‎「Planner for iPad」はじめに新しく始めた手帳、ずっと続いていますか?手帳は最初は使っていたもののなかなか続かないという方も多いのではないかでしょうか。Planner for iPadは、G...

Planner for iPadの活用法として、Split Viewを使ってGoogleカレンダー、EvernoteのアプリをPlannerと並べて使う便利な方法を紹介します。

  1. 予定やタスクは横のGoogleカレンダー側で調整
  2. テキストで書きたい際は横のEvernote側で入力

Planner for iPad活用法

予定やタスクは横のGoogleカレンダー側で調整

PlannerはGoogleカレンダーを表示できますが、編集はできません。

Split Viewを使ってGoogleカレンダーと並べて表示し、予定の追加や編集はGoogleカレンダー側で行います。

ただし、Googleカレンダーで編集した後、Planner側のGoogleカレンダーの表示に反映されるには結構時間がかかります。

これはGoogleカレンダーとカレンダー App間の同期にある程度時間がかかるためです。

なお、TodoistのタスクもGoogleカレンダーと同期できるため、Googleカレンダー上でタスクの日時などを変更すると、Planner側のGoogleカレンダーで表示されているタスクの表示にも反映されます。

TodoistとGoogleカレンダーを連携してタイムブロッキングする3つのステップ
タイムブロッキングは、タスクをToDoリストとしてではなく、実行する時間を決めて時間を確保し、その時間がきたら他人と約束している大事な予定と同じように実行するというもの。最強の時間管理術です。タイムブロッキ...

テキストで書きたい際は横のEvernote側で入力

Plannerでテキスト入力するには月額課金のサービスに加入する必要があります。

代わりに、EvernoteをSplit Viewで表示し、日付のノートを作成し、テキストのメモはEvernote側で書くことができます。

Plannerに全ての情報を書き込むことに拘らずに、Evernoteと役割分担すると自由度が上がります。

もちろんEvernote以外にOneNoteやGoogle KeepのようなメモアプリでもOKです。

まとめ

Planner for iPadの活用法として、Split Viewを使ってGoogleカレンダー、EvernoteのアプリをPlannerと並べて使う便利な方法を紹介しました。

  1. 予定やタスクは横のGoogleカレンダー側で調整
  2. テキストで書きたい際は横のEvernote側で入力

Planner for iPadで1ヶ月の振り返りをする方法もご覧ください。

Googleカレンダーに手書きできる手帳アプリPlanner for iPadで1ヶ月の振り返りをする3つのステップ
はじめに新年度として4月が始まり、もうすぐ1ヶ月。1ヶ月のできたこと、良かったこと、できなかったこと、課題を振り返りましょう。振り返りにはマンスリーのログを活用すると便利です。本記事では、Googl...
デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
書く・アウトプット習慣
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました