無理して頑張らない。朝の時間と夜の時間に1%の改善を取り入れる方法。

早く成果を得ようと大きく変えようと無理して頑張るよりも、小さな1%の改善を寄せ集める方法が簡単で、結果的に大きな変化につながります。

ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣では、毎日1%よくなったら1年後には37倍よくなると説いています。

 

一気に頑張って成果を出すというマインドセットではなく、少しの改善、小さな努力が大きな成果につながるという考え方を取り入れましょう。

少しのウォーキングから始める。

ほんの少し、食生活に気をつける。

生活の中に少し勉強時間を作る。

朝の時間、そして夜の時間のプラス1として、様々な1%の改善を取り入れる方法を紹介します。

プラス1習慣とは、すでに普段やっている行動に1つだけ足す小さな行動習慣です。

行動の習慣化プログラミング5つの技術「HABIT」のうちの一つ、「今ある習慣に付け加えたり調整する(Adjust) 」にあたります。

続きはこちらの記事をご覧ください。

1%の改善を積み重ね、着実に成果を出すプラス1習慣 [Atomic Habits: 複利で伸びる一つの習慣]
はじめにジョギング、ダイエット、英語学習、資格勉強。一気に成果を出そうとガッと頑張ってもその後、なかなか続かないという経験あるのではないでしょうか。すぐに結果を出したくなる気持ち、よく分かります。行...
デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました