時間管理や生産性向上の新たなツールを試してみる3つの理由

はじめに

たくさんの予定に追われていて、自分の時間が取れない。

多くのタスクが溜まってしまって、どこから手をつけていいか分からない。

仕事がマンネリ化していて成長もなければ、刺激もない。

どうも今のツールの使い勝手がしっくりこない。

そんな時に、時間管理や生産性向上の新たなツールを試す3つの理由を紹介します。

  1. ワークスタイルの変化に適応する
  2. 新しいツールで刺激を得る
  3. 試すことで前のツールの良さが分かる

新たなツールを試してみる3つの理由

ワークスタイルの変化に適応する

異動して業務が変わったり、毎日、通勤していたのが在宅勤務になったり、副業を始めたり。

仕事やプロジェクトの内容は短期的にはあまり変わらなくとも、数年単位では大きく変わっていきます。

そうした変化の際に、以前と同じやり方、同じツールが最適とは限りません。

今の自分に必要な時間管理や生産性向上のツールやガジェットが見つかるかもしれません。

例えば扱うプロジェクトが増えたら、本格的なタスク管理アプリやプロジェクト管理を導入するということが考えられます。

やりたいことが多すぎる人向けのタスク管理アプリ「Todoist」の3つの特長レビュー
はじめにやりたいこと、たくさんありますか。最近、ブログやアプリ開発のような個人プロジェクト、コーチング・コンサルティング活動も増え、やりたいことがあふれてきました。タスク管理は長年のテーマで、多くのアプリ、...

新しいツールで刺激を得る

仕事がマンネリ化していたり、どうも今のツールがではしっくりこないとしたとき、新しいツールを使ってみましょう。

スケジューリングやタスク管理がつまらない作業ではなく、新しいことをやってみるという遊びに変わります。

例えば、カレンダーとタスク管理アプリが統合されたTickTickを試してみてはいかがでしょう。

先延ばし防止にTickTickのカレンダー機能が便利な3つの理由(タイムブロッキング)
はじめに先延ばししているタスクあるでしょうか。重たい企画づくり、資料作成、難しい調整ごとなど先延ばししがちです。このようなタスクはやる日時を決めて、そこで着手しないと〆切ギリギリで火がつくまで際限なく先延ば...

時間管理についても様々なツールがあります。

それらのツールを試してみると、生活にメリハリが生まれます。

時間管理の習慣
はじめにやりたいことをやる時間がない。仕事が終わらない。もっと自分の時間が欲しい。時間は誰もが毎日、24時間与えられるリソースですが、時間管理の第一の問題は、時間がない、ということでしょう。...

試すことで前のツールの良さが分かる

新しいツールを試すことで、これまで使っていたツールの良さがわかったり、使い方を深めることができます。

Googleカレンダーひとつとっても様々な機能が入っており、使い込むこともっと効果的に活用することができます。

GoogleカレンダーにおけるGoogle ToDo、GoogleKeep、リマインダーの使い分けの方法
はじめにGoogleカレンダーには予定だけでなく、Google ToDo、リマインダー、Google Keepを連携させて、特定の日時にタスクや通知、メモを表示できます。一つのアプリに様々な情報を統合でき、シンプル...

まとめ

時間管理や生産性向上の新たなツールを試す3つの理由を紹介しました。

  1. ワークスタイルの変化に適応する
  2. 新しいツールで刺激を得る
  3. 試すことで前のツールの良さが分かる

新しいツールを実験的に取り入れてみて、今の自分に合ったツールを探求していきましょう。

毎日の予定やタスクがスムーズに動き、より充実感や達成感を味わうことができます。

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました