iPadでの手書きとタイピングのノートアプリの3つの使い分け[Evernote, OneNote, Noteshelf]

はじめに

iPadには様々なデジタルノートアプリがあります。

手書きだとNoteshelf, GoodNotes, Notability, OneNote, MetaMoji Note。

タイピングだとEvernote、OneNote、Google Keep、標準のメモApp。

いずれのノートアプリの良さがありますが、アイデアを出したり、複雑な事柄をまとめたり、自分の中で内省したりするとじっくり考える作業は手書き。

深く考えると言うよりはメモをしたり、文章を書いたり、じっくり考えると言うよりもどんどんアウトプットするときにはタイピング。

このように、考える作業なのか、アウトプットなのかでノートアプリを使い分けています。

手書きとタイピングのノートアプリの3つの使い分けを紹介します。

  1. じっくり考える手書き:Noteshelf
  2. どんどんアウトプットするタイピング: Evernote
  3. 手書きとタイピングの両方をまとめる: OneNote

ノートアプリの3つの使い分け

手書き:Noteshelf

どのノートアプリでもApple Pencilでの書き味、書きやすさは十分で快適に書くことができますが、今はNoteshelfを好んで使っています。

その理由は以下の3つ。

  1. たくさんの表紙や用紙のデザイン
  2. フォルダ、ブックマーク、タグ等充実した整理機能
  3. Evernote同期とクラウドバックアップ

バレットジャーナル、モーニングページを書くにはNoteshelfが一番しっくりきます。

iPadで手書きノート。センスの良いデザインのノートアプリNoteshelfの3つの特長レビュー
はじめにiPadでの手書きノートにはどのアプリが良いか。これまで、GoodNotes, Notability, OneNote, MetaMoji Noteなど様々、使ってきました。その試行錯誤の結果、手書...

手書き+タイピング: OneNote

テキストも手書きも両方の使い勝手のよいアプリというのはなかなかなく、OneNote一択です。

Mac, iPad, iPhone, Android, Windows, Webで使えます。

OneNoteはペンやマーカの種類が豊富です。

また、矢印線や資格、丸、ひし形など様々な図形を書く機能も備えています。

キャンバスのように縦横、どんどん書けますし、テキストや画像、手書きなどを自由に配置できます。

無地や方眼、ラインなどのノートの種類を選べたり、背景の色も選べる。

しかも普通のテキストのノートもしっかりと扱え、多くのノートがあってもきれいに整理できます。

ノートブック、セクションに色がつけられたり、順番の並び替えができたりとノートブックやセクションが増えても、目的のページを探しやすくなっています。

iPadでテキスト・手書きを使いたい方へ: OneNoteとEvernoteの比較レビュー
はじめにEvernoteは2010年4月からずっと使っていて活用していますが、一つの不満な点が手書きに弱いところ。手書き機能もありますが、決して使い勝手はよくないです。「手書きしたスケッチをノートに...
iPhone用OneNoteでデジタルバレットジャーナル!便利な3つの特長
はじめにiPad版OneNoteによるバレットジャーナル、なかなかいいです。たくさん書いてもその一日が、1ページに収まります。今はiPad miniあるいは、iPad Proで書いています。...

タイピング: Evernote

タイピングでテキストをがしがし入力するならEvernote。

OneNoteの自由なキャンバスに比べて、縦に長いノートとしてのシンプルな構造ですが、その分、かっちりと整ったノートを作ることができます。

PCやスマホで利用でき、ノートをノートブックやタグで整理したり、Webページを保存したり、ノートを検索できる高機能なツールです。

サードパーティのアプリやサービスとの連携も強力です。

ノートアプリEvernoteの使い方、運用、各種応用等の記事まとめ
はじめにEvernoteはノートアプリ、メモアプリとして人気のクラウドサービスです。PCやスマホで利用でき、ノートをノートブックやタグで整理したり、Webページを保存したり、ノートを検索できる高機能なツールです。...

新しいエディタやホーム画面など機能も進化しており、使い勝手も上がっています。

Evernoteの新ホーム画面の3つのポイント
新しいホーム画面で、誰も見たことのない Evernote へ | Evernote 日本語版ブログより抜粋はじめにEvernoteが新しいホーム画面を公開しました。最近見たノートや保存したノート、おすすめの...

まとめ

手書きとタイピングのノートアプリの3つの使い分けを紹介しました。

  1. じっくり考える手書き:Noteshelf
  2. どんどんアウトプットするタイピング: Evernote
  3. 手書きとタイピングの両方をまとめる: OneNote

目的に合わせて、自分のスタイルに合わせて、最適なノートアプリを選びましょう。

Noteshelf,OneNote, Evernoteの活用に関してはこちらの記事もご覧ください。

ノートを見返し、耕すことを習慣にする3つの理由[Evernote,OneNote,Noteshelf]
はじめにノート、活用できていますか? 多くの人がノートにメモをとったり、アイデアを書くことは習慣化しているでしょう。では、ノートを見返したり、追記して発想を広げていくことはどうでしょうか。ノートに書...
デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
書く・アウトプット習慣
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました