ネガティブ情報から距離をとる3つのステップ

はじめに

テレビやニュース動画では、連日のように事故、事件、災害、分断など暗いニュースがあふれています。

このような暗いニュースに影響を受けて、気分が落ち込む、不安や恐れ、怒りに苛まれるということはないでしょうか。

ニュースを把握することは社会生活していく上で必要なことですが、それによって心の健康状態を損なってしまうのは問題です。

「危機を乗り越えるマインドフルネス」(藤井英雄著)では、以下のように述べています。

マインドフルネスであれば、ネガティブ思考を客観視して手放し、ネガティブ感情を癒すことができます。

その反対にマインド[レス]ネスであれば、心が「今、ここ」を離れ、ネガティブ志向にとらわれてしまい、ネガティブ感情にはまってしまうことになります。

「危機を乗り越えるマインドフルネス」(藤井英雄著)

ネガティブ情報から距離を置く3つのステップを紹介します。

  1. ネットニュースより、スマートスピーカや新聞を選ぶ
  2. ソーシャルメディアのネガティブ投稿から離れる
  3. ネガティブな心の声を聞きすぎない

ネガティブ情報から距離を置く3つのステップ

ネットニュースより、スマートスピーカや新聞を選ぶ

ネットのニュースサイトやニュースアプリはどんどん新着記事が追加され、関連記事のおすすめもあり、長時間、記事をみてしまいがちです。

一方、Amazon EchoやGoogle Homeのようなスマートスピーカの場合、天気やニュースを一通り読み上げたらそこで終了します。

次々にニュース記事をチェックしてしまうということもありません。

朝からスマホを見ない。Amazon Echoの耳からインプットで朝を始める習慣。
はじめに朝起きて、すぐにスマホを見てしまう習慣ないでしょうか?ニュースサイトを見たり、ソーシャルメディアをチェックしたり。朝、スマホを見てしまうと、朝の貴重な時間が失われ、集中力が低下し、リズムが悪くなりま...

新聞も同様に、紙面をざっとみたらそれで終わり。コンテンツの区切りがあるメディアでニュースをチェックしましょう。

ソーシャルメディアのネガティブ投稿から離れる

FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアで、イラッとしたり、ざわざわする。

そんな投稿に出会うことが多い場合は、フォローするかどうかを見直した方が良いでしょう。

ソーシャルメディアの投稿を見るか、見ないかは自分に選択権があります。

わざわざ自分のエネルギーが下がる投稿をとりにいくことはやめて、適切な距離をとりましょう。

ネガティブな心の声を聞きすぎない

苦痛な感情に対して戦えば戦うほど、その感情に囚われます。

例えば、不安の感情に対して「何でこんな気分になるんだ?」という怒りや、「こんなに不安を感じていると健康によくないのではないか」という不安、「大人なのだから感情的になってはいけない。情けない」という罪悪感を感じると、エネルギーや活力が奪われます。

感情の居場所を作ってあげて受け入れ、その心の声を聞きすぎないようにしましょう。

感情と戦うことにエネルギーと時間を費やさないことがポイントです。

書評:幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない
はじめに今日は絶好調といい気分でいたら、トラブルで一気に落ち込んだり。特に何もなくとも急にやる気がなくなったり、不安になったり。いい天気のもと散歩に行くと、気分が晴れたり。1日の中で感情は目まぐるし...

まとめ

ネガティブ情報から距離をとる3つのステップを紹介しました。

  1. ネットニュースより、スマートスピーカや新聞を選ぶ
  2. ソーシャルメディアのネガティブ投稿から離れる
  3. ネガティブな心の声を聞きすぎない

どういう情報を自分が受け取るのか、これも環境の習慣です。

自分のエネルギーが奪われる環境から、エネルギーを充電する環境へと変えていきましょう。

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
セルフコーチング・思考習慣
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました