習慣が乱れがちの時に。習慣化矯正ギブスの「たすくま」を使う。

はじめに

習慣として続いていたのに、体調を崩したり、忙しかったり、少しお休みしたら続かなくなってしまったということ、よくあるのではないでしょうか。

ストレッチやジョギング、英語学習、マインドフルネス瞑想、読書、日記。

もう一度、やろうとしても何か腰が重い。

なかなか手が出ない。

そんな習慣が途絶えてしまった時、タスクシュート方式のタスク管理のアプリ「たすくま」が役立ちます。

‎Taskuma --TaskChute for iPhone
‎Taskuma(たすくま)は、iPhoneでタスクシュート式のタスク管理を行うためのアプリです。 メモや写真を添付して、ライフログアプリとしてもご利用いただけます。 特徴: - タスクシュート式のタスク管理(時間見積もり、セクション、終了時刻etc.) - リピートタスク機能によるタスクの自動生成 - 実行ログと各...

たすくまは、習慣化アプリとして非常に優れています。

習慣が乱れがちの時に習慣化矯正ギブスとして、「たすくま」を使う理由を紹介します。

タスク管理というよりも習慣化アプリ。たすくま(Taskuma)が習慣化やルーティンを扱うのに便利な理由。
はじめにたすくまはタスクシュート方式のタスク管理のアプリで、タイムマネジメントやタスク管理に有効なツールなのですが、実は習慣化アプリとしても強力です。「記録からはじめるタスク管理」とうたっているよう...

習慣化矯正ギブス「たすくま」

たすくまは、全ての行動が時系列のタスクとして登録されています。

そのため、ある習慣をうまく続けていた時の曜日や時間帯、行動の順番は全て、たすくまの中にスケジュールとして情報として組み込まれています。

例えば、ジョギングは土日の16時〜17時だったり、ストレッチがお風呂の次にスケジュールされていたり、仕事を始める前にマインドフルネス瞑想を入れていたり。

たすくまに登録されているスケジュール通りに実行していけば、以前の習慣を再現できるということです。

習慣化矯正ギブスのようなものです。

「たすくま」は以下の3つの理由で習慣化をするのに適しています。

  1. 行動の順番が決まっている
  2. 行動の付け加えがしやすい
  3. 行動のやり残しが減る
たすくま(Taskuma)が習慣化に最適な3つの理由 【習慣化アプリラボ】
はじめに習慣化のためにどんなアプリを使っていますか。習慣化のために使うアプリを一つだけしか選べないとしたら、たすくま(Taskuma)を選びます。「たすくま」が習慣化に最適な3つの理由を紹介します。...

まとめ

習慣が乱れがちの時に習慣化矯正ギブスとして、「たすくま」を使う理由を紹介しました。

やると決めていた習慣がちょっと滞ったからと言って、また続かなかったと自分を責めたり、諦める必要はありません。

「たすくま」を活用して、少しずつ良い習慣を取り戻していきましょう。

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました