iPhoneのモバイルバッテリを持たない3つの理由

はじめに

iPhoneの充電のために、いつもモバイルバッテリを持ち歩いていないでしょうか。

モバイルバッテリは容量にもよりますが、数百グラムと結構な重さです。

小型・軽量のものを選んでも、例えばこちらの製品は200gでiPhone1台分の重さになります。

  

カバンが重いとフットワークも重くなってしまいます。

持ち物を見直して身軽になりましょう。

iPhoneのモバイルバッテリを持たない3つの理由を紹介します。

  • 充電の運用が面倒
  • カフェで充電できる
  • 他のデバイスから充電できる

iPhoneのモバイルバッテリを持たない3つの理由

充電の運用が面倒

モバイルバッテリは運用が結構大変です。

使い終わったらわざわざ充電をする必要があり、満充電にするまで容量にもよりますが結構時間がかかります。

また、外出前にモバイルバッテリがしっかり充電されているかの確認も必要です。

充電されていない状態でモバイルバッテリを持ち歩いていて、いざ使おうとした時にショックを受けるということになりかねません。

カフェで充電できる

最近のカフェの多くの席に電源ポートが用意されています。

小型の充電器とケーブルさえあれば困りません。

例えば、こちらのAnker PowerPort III Nano 20W は、USB-Cの超小型急速充電器です。

重さはわずか約30g。

20Wのため、速くiPhone、iPadを充電できます。

 

他のデバイスから充電できる

iPad ProやMacBookを持ち歩いているのであれば、モバイルバッテリ代わりに使えます。

具体的には、USBタイプCとライトニングに対応したケーブルを用意し、iPhoneとiPad ProやMacBookをつなぐことで、iPhoneを充電できます。

 

iPad ProをiPhoneのモバイルバッテリ代わりに使う、持ち物を減らす習慣
はじめに普段のカバンが重いとフットワークも重くなる。持ち物を減らせないか、定期的に持ち物の見直しをかけています。その中でモバイルバッテリ、電源アダプタとケーブルは意外と重くかさばります。持ち...

まとめ

iPhoneのモバイルバッテリを持たない3つの理由を紹介しました。

  • 充電の運用が面倒
  • カフェで充電できる
  • 他のデバイスから充電できる

重いモバイルバッテリを持ち歩く必要はありません。

また、iPhoneのバッテリを使い切ったらそこでデジタルの作業は終了、と決めても良いでしょう。

手帳やノートなどアナログのツールの作業に移行してデジタルデトックスできます。

モバイルバッテリを手放し、デジタルデトックスする3つのステップ
はじめに普段、モバイルバッテリーを持ち歩いていますか?バッテリーは結構な重量がありますが、充電したらあとは無用で重くてかさばるだけです。スマートフォンやPCなどの使い過ぎを防ぐためには、利用時間を制限するだ...
デジタル過多の時にアナログツールを取り入れる3つの理由
はじめにメールチェック、資料確認、書類作成、そしてWeb会議。iPhone、iPad、Macのスクリーンを1日中見ていると結構、目の疲労がたまります。デジタル過多になっていると感じたら、ペンや紙のノートなど...

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました