SuicaにiPhoneをかざすだけでEvernoteのノートを開く方法(ショートカットアプリ)

はじめに

Evernoteを活用していますか。

Evernoteにたくさんのノートを入れていると、目的のノートにアクセスするのは結構手間になります。

よく使うノートやノートブックへのショートカットを登録する機能もありますが、Evernoteを活用しているとショートカットがどんどん増えがちです。

Evernote Tips: ショートカットの3つの活用法
はじめにEvernoteがバージョンアップ後、徐々に安定してきていて、改めてEvernoteを活用する機会が増えました。OneNoteやApple純正のメモ帳と使い分けていると、改めてEvernoteの良さ...

一方、iPhone, iPadにはショートカットアプリという操作を自動化する便利な機能があります。

この機能はiPhoneをNFCタグにかざすと、そのNFCタグの内容に応じて指定の操作を実行するという動作をサポートしています。

NFC(Near Field Communication)は近距離無線通信の規格で、例えばType-Bはマイナンバー、Type-F(felica)はSuica/PASMOなどの電子マネーで使われています。

この機能を活用すると、iPhoneをあるSUICAカードにかざしたら、Evernoteのある特定のノートを開くことができます。

例えば、夜にEvernoteの日記ノートを開いたり、朝に持ち物リストのノートを開いたり、1年の目標を毎日見たりということが、ノートブックからノートを選んだりしなくとも、SUICAカードにかざすという直感的な動作でできます。

iPhoneをカードにかざしてEvernoteのノートを開く方法を紹介します。

  1. Evernoteの特定のノートを開くショートカットを作成
  2. オートメーション機能で、SUICA等のNFCタグを登録
  3. NFCタグを検出したらショートカットを実行するフローを設定

iPhoneをカードにかざしてEvernoteノートを開く方法

プレイリストを再生するショートカットを作成

ステップ1では指定したEvernoteノートを開くショートカットを作ります。

ショートカットアプリにおいて、Evernoteでこちらの図のような機能を自動化できます。

この中の「ノートを取得」と「ノートのリンクを取得」の機能を利用します。

まず1つ目の「ノートを取得」の命令では、タイトル検索として「2021 Goal」対象のノートブック「2 成長」を指定しています。

次に2つ目の「ノートのリンクを取得」の命令で、取得したノートのリンクを取得します。

ここでポイントは、「App内リンク」をオンにすること。

これをオンにするのはブラウザでEvernoteノートを開く代わりに、Evernoteアプリでノートを開くためです。

最後に3つの命令では、2で取得したノートのリンクをx-callbackを使用して開くというスクリプティングを実行します。

これで2021年の目標を書いたノート「2021 Goal」をショートカットとしてワンタップで開くことができるようになります。

使いたいノート名やノートブック名を指定してショートカットを作成してみてください。

ショートカットの名前やアイコンもしっかり指定しましょう。

ここでは、「Evernote目標」という名前にしています。

オートメーション機能で、SUICA等のNFCタグを登録

ステップ2では、SUICAやPASMOなど、プレイリストを再生する契機となるNFCタグのカードをショートカットアプリに登録します。

ショートカットアプリの「オートメーション」のタブを開き、新規オートメーションの「NFC」メニューを開きます。

そして、NFCタグのスキャンをタップすると、「スキャンの準備ができました」、と表示されるので、iPhoneの上部をSUICAやPASMOなどのカードにかざします。

これで、そのSUICAやPASMOのカードを登録することができます。

タグには名前をつけることができます。

例えば、”SUICA”と名前をつけても良いですが、例えばカードを置く場所が本棚であれば”本棚”としても良いでしょう。

NFCタグを検出したらショートカットを実行するフローを設定

ステップ3では「いつ」と「行う」ことのフローを設定します。

「いつ」は、ステップ2で登録したNFCタグ”Suica”を検出したら、という契機。

「行う」は、ステップ1で作成したショートカット「Evernote目標」を実行する操作です。

スクリプティングのショートカットAppで続行を選び、ショートカットの”Evernote目標”を実行を追加します。

これで完成です。

まとめ

iPhoneをカードにかざしてEvernoteのノートを開く方法を紹介しました。

  1. Evernoteの特定のノートを開くショートカットを作成
  2. オートメーション機能で、SUICA等のNFCタグを登録
  3. NFCタグを検出したらショートカットを実行するフローを設定

直感的な動作で手軽に、よく使うノートを素早く開くことができ、Evernoteをより活用することができます。

SUICAとショートカットアプリの活用法として、SuicaカードにiPhoneをかざすだけでプレイリストを再生する方法もご覧ください。

Suica/PASMOにiPhoneをかざすだけでプレイリストを再生する方法(ショートカットアプリ)
はじめにiPhone, iPadにはショートカットアプリという操作を自動化する便利な機能があります。この機能はiPhoneをNFCタグにかざすと、そのNFCタグの内容に応じて指定の操作を実行するという動作をサポート...

なおSUICAでなくとも、NFCタグは、シールやキーホルダー型のものなど様々なバリエーションのものが売られています。

NFCタグシールをドアや椅子に家電製品に貼ることもできます。

家電にNFCタグシールを貼って、その家電の取扱説明書をスキャンしたEvernoteノートを開くということも可能です。

 

 

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました