Web会議に遅れない。Googleカレンダーの通知を2段階に設定する方法。

はじめに

リアルの打ち合わせや会議は移動時間があるため、余裕を持って行動します。

一方で、Web会議は直前に接続しても間に合うため、ついギリギリに繋げようとしてしまう習慣はないでしょうか。

時間がない時に限って、接続先のアドレスが分からなかったり、パスワードがうまく入らなかったり、別のアドレスに繋げてしまうなどの問題が起きがちです。

余裕を持ってWeb会議に接続しましょう。

Web会議に遅れないために、Googleカレンダーの通知を2段階に設定する方法を紹介します。

  1. 個別予定の通知設定
  2. デフォルトの通知設定

Googleカレンダーの通知を2段階に設定する方法

個別予定の通知設定

個別のWeb会議の予定の詳細画面において、通知を設定できます。

デフォルトで設定されている通知(例えば10分前)に加えて、「通知を追加」して5分前の通知を追加しましょう。

これで予定の開始時刻の10分前と5分前に通知をもらうことができます。

Apple Watchで通知をもらうようにすれば、通知がされても気づかないということを防げます。

Apple Watchがタイムマネジメントに最強な3つの理由
はじめに時間が足りない、時間がうまく使えていない、いつも時間に追われているということはないでしょうか?Apple Watchは時間管理に役立つ最強のガジェットだと考えています。その理由は以下の3...

慣れている会議でも5分前には必ずWeb会議の接続操作を始めます。

5分あれば接続の際にトラブルがあっても多くの場合、解消できるでしょう。

慣れていない会議、重要な会議では10分前から接続操作をします。

デフォルトの通知設定

個別の予定画面で毎回通知を設定するのも面倒です。

Googleカレンダーの複数のカレンダーそれぞれの設定メニューに、「予定の通知」という項目があります。

デフォルトでは通知が10分前になっているでしょうが、「+通知を追加」をタップして、5分前の通知を設定しましょう。

まとめ

Web会議に遅れないために、Googleカレンダーの通知を10分前と5分前の2段階で設定する方法を紹介しました。

  1. 個別予定の通知設定
  2. デフォルトの通知設定

さらなる通知の手段として、Googleカレンダーの予定を直前にSlackに通知させる方法についてもご覧ください。

GoogleカレンダーとSlackを連携。ダメ押しで予定を通知してもらう方法。
はじめに打合せや移動などの時間が決まっている予定について、iPhoneやApple Watchから通知をもらうと、遅れることなく行動ができます。Googleカレンダーなどカレンダーアプリを使うと予定の5分前、10分...
デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました