書類スキャンが捗るEvernote「ドキュメントカメラ」機能の3つのポイント

はじめに

書類やチラシ、付箋が机に散らかっていたり、引き出しに領収書や文書が溜まっていないでしょうか。

モバイル版 Evernote アプリには、紙文書や領収書、名刺、付箋、ホワイトボードなどを手軽にスキャンできる「ドキュメントカメラ」の機能があります。

スマホ・タブレットで書類を簡単にスキャン
モバイル版の Evernote アプリでは、紙文書やチラシ、領収書、名刺、ポスト・イット、ホワイトボードなどを手軽にスキャンできる「ドキュメントカメラ」機能が便利です。

書類スキャンが捗るEvernote「ドキュメントカメラ」機能の3つのポイントを紹介します。

  1. シャッターボタンを押さずとも自動でスキャンを始めてくれる
  2. 自動できれいに補正してくれる
  3. Evernoteのノートにそのまま入り検索もできる

Evernote「ドキュメントカメラ」機能の3つのポイント

シャッターボタンを押さずとも自動でスキャンを始めてくれる

この機能は本当に便利です。

他の書類スキャンのアプリは、書類にカメラを向けて書類全体が入るように合わせながらフォーカスも合わせつつ、スキャンを開始するためのシャッターボタンを押す必要があります。

一方、Evernoteの場合は、カメラをかざすとフォーカスやスキャンエリアを自動的に合わせてくれて、自動でスキャンを開始してくれます。

シャッターボタンを押す押さないだけの違いですが、手間が大きく減ります。

たくさんのページをスキャンする際も、スキャンしてページをめくってまたスキャンという一連の動作ではカメラをかざすだけでどんどんスキャンできます。

自動できれいに補正してくれる

Evernoteで、書類の傾きやコントラストなどの補正をしてくれます。

多少斜めにスキャンしてもきっちり正面から撮ったように補正してくれますし、色合いも例えば白黒の書類は綺麗なコントラストで見やすく補正されます。

書類をスキャンした後に補正の作業をしたり、撮り直しするということもほとんどありません。

また、書類や付箋、ホワイトボード、名刺などの種類の判別も自動でやってくれます。

Evernoteのノートにそのまま入り検索もできる

Evernoteのトップ画面の新規ノート作成ボタンからすぐに書類をスキャンが呼び出せます。

また、ドキュメントカメラは、Evernoteの組み込み機能であるため、ノートを作成中に、「ドキュメントカメラ」を呼び出して、書類をスキャンできます。

ノートのその場所にスキャンした書類が入るため、別のスキャンアプリでスキャンしてからその書類を挿入するという手間がかかりません。

Evernoteを使うのであれば、他のスキャンアプリを使うよりも組み込みの「ドキュメントカメラ」を活用するのが良いでしょう。

Evernote では画像やPDF内の文字も検索されるため情報を活用できますし、書類を探すのも簡単です。

まとめ

書類スキャンが捗るEvernote「ドキュメントカメラ」機能の3つのポイントを紹介しました。

  1. シャッターボタンを押さずとも自動でスキャンを始めてくれる
  2. 自動できれいに補正してくれる
  3. Evernoteのノートにそのまま入り検索もできる

机の上や引き出しの紙書類はスキャンしてスッキリ片付けましょう。

OneNoteをお使いの方は、マイクロソフトのOffice Lensアプリもいいのですが、スキャン機能を切り出したScannableアプリもおすすめです。

【書類習慣】スマホをスキャナにして書類もその場で処理。 Evernote Scannableレビュー。
はじめにこれまで書類のスキャンは、専用のスキャナを使っていたため、オフィスや家でないとスキャンできませんでした。そのため、必要なときにその場ですぐにスキャンできないという悩みがありました。その場でで...
デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました