ダイエットは体重減を目標にせず、行動習慣を目標にする3つの理由

はじめに

ダイエットは永遠の課題。

今年は5kg痩せる、1ヶ月で3kg痩せるなど減量を目標にして挫折した経験はないでしょうか。

ダイエットは体重減を目標にせず、健康的な行動習慣を目標にすべき3つの理由を紹介します。

  1. 体重減は目標としてコントロールしづらい
  2. 行動習慣は継続的で測定可能
  3. 体重減を達成したらそこで目標を見失う

健康的な行動習慣とは、食事や運動に関する生活習慣です。

例えば、肥満に対して知識で戦うことを掲げている、UKの団体「Weight Concern」は”Top 10 Tips”という体重管理のための健康習慣のリーフレットを紹介しています。

  1. 毎日同じ回数だけ食事をとる
  2. 脂質の少ない食品を選ぶ
  3. 毎日10,000歩、歩く
  4. フルーツやヨーグルト等ヘルシーなおやつを持つ
  5. 食品のラベルを読む
  6. お皿に料理を山盛りにしない、おかわりをするかは二度考える
  7. 座ってばかりでなく、毎時10分は立つ
  8. 飲み物は水やシュガーフリーのものにする
  9. TVを見ながら等のながら食べをせず、テーブルで食事に集中して食べる
  10. 野菜やフルーツを毎日5つとる(400g)

ダイエットは行動習慣を目標にする3つの理由

体重減を目標にすると達成困難で続かない

30日で3kg痩せる、と目標を立てて努力しても簡単には体重は減りません。

体重は毎日の食事量や食事内容、運動の積み重ねによる結果で、どのような食事をして、どんな運動をしたら確実に体重が何キロ減少するという式があるわけではありません。

また、少し体重が下がっても目標体重に達していなければ達成感を感じられません。

努力をしても結果が出ないと落ち込んだり、ストレスになり、嫌になってよい習慣をやめてしまうリスクがあります。

行動習慣は継続的で測定可能

一行動習慣は毎日、やった、やらないを測定して記録でき、やった分だけ達成感を感じることができます。

難易度も自分で調整可能であり、毎日10,000歩ではなく7000歩でもOKとしても良いでしょう。

体重の増減に一喜一憂することもありません。

「Weight Concern」では、10個の健康習慣の記録シートを提供しています。

毎日記録することで、これらの健康習慣を意識することができ、習慣化に繋げることができます。

体重減を達成したらそこで目標を見失う

運よく努力が実って目標の体重減を達成したとしても、そこで満足してしまうと容易にリバウンドしてしまいます。

食生活の習慣は簡単には変えられません。

特に急に頑張って食事の内容や量を変えているほど、戻るのも早いでしょう。

好きなものを我慢していたのであれば目標達成した瞬間に、たがが外れてしまうかもしれません。

特定の一点を目標にするものではなく、継続的な行動習慣を目標にすることでこの問題を避けられます。

行動習慣として続けることが大事です。

まとめ

ダイエットについて、体重減を目標にせず、健康的な行動習慣を目標にすべき3つの理由を紹介しました。

  1. 体重減は目標としてコントロールしづらい
  2. 行動習慣は継続的で測定可能
  3. 体重減を達成したらそこで目標を見失う

よい食生活習慣をつくるのに役立つ、食事記録アプリ3選の記事もご覧ください。

[2020年版]食生活習慣を改善する食事記録アプリ3選
はじめに食べたものを確実に記録していくことで、自分の食生活が見える化できます。記録して1日を振り返ることで、まず今日は何を食べたのか、どれだけ食べたのか、現実が分かります。現実がわかってはじめて夕飯は食べ過...
医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68

プラスの食生活行動のアイデアがたくさんあります。健康格差は毎日の「食べ方」で決まるとのこと。食べ方は健康を左右し、あなたの仕事のパフォーマンスにも影響を与える。特にビジネスパーソンを悩ませる病気や不調の9割以上は血糖値の問題としており、そのコントロールをする方法も紹介されています。

図解 食べても食べても太らない法

「食べたい気持ちを我慢する人ほどやせない。むしろ太る」とのこと。ストレスが積み重なり、食べすぎてしまう。「きちんと食べる人ほど、やせる」というコンセプトに基づき、ヨーグルトや肉、魚からアイスクリーム、ラーメンまでより痩せるメニューや食材の選び方等を解説しています。本書では体内時計のリセットのためにも朝食は毎朝食べることを推奨しています。

一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書

野生の体力を取り戻すパレオ(狩猟民族)ダイエットを解説しています。基本は、加工食品を控えて、カラダに良い食品を食べること。タンパク質のベスト番付、油のベスト番付、淡水化別のベスト番付など食材やお酒の飲み方も説明しています。またプチ断食の仕方も興味深いです。

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
スポンサーリンク
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました