マラソンのように1日を走りきる。1日のエネルギーのペース配分をする3つのポイント

はじめに

動画やソーシャルメディア、ゲームで夜更かししたり、ダラダラしてしまったり。

予定が詰め込まれていて慌ただしい1日、ストレスフルな1日にはエネルギーを使い果たして、リズムが崩れがちです。

息切れせずに夜まで運動や勉強、創作などの習慣を続けるには、マラソンのようにペースを作って走り切るペース配分が必要です。

1日のエネルギーのペース配分をする3つのポイントを紹介します。

  1. ポモドーロタイマーでこまめに休憩し、長時間作業を続けない
  2. 昼寝、瞑想でチャージ
  3. 予定やタスクを絞り込む

1日のペース配分をする3つのポイント

長時間作業を続けない

長時間、根を詰めて作業を続けると一気に疲労が溜まります。

同じ姿勢を続けているため、肩や首、腰が固まったり、目が疲れます。

ポモドーロタイマーでこまめに休憩するのが有効です。

ポモドーロテクニックは、集中するのに役に立つメソッド。

「25分集中して作業し、5分休む」を1セットとして、4セットを実行した後は、15分など長い休憩を取るものです。

このタイマーに従って作業をすれば、長時間ぶっ通しで作業して疲れ果てた、ということはなくこまめに休憩を取ることができ、エネルギーがガクッと減ることを防止できます。

運動やマインドフルネス瞑想のルーティンを毎日小さく実行するコツ[ポモドーロタイマー活用]
はじめにストレッチやラジオ体操、マインドフルネス瞑想など、いい習慣だと分かっていても面倒になってしまって続かないという悩みがあるのではないでしょうか。運動やマインドフルネス瞑想など身体や心を整える習慣を毎日、小さく...

昼寝、瞑想でチャージ

昼寝は、パワーナップと言われ集中力を回復してくれます。

10分、目をつむっているだけでもだいぶ疲労が回復します。

睡眠負債を増やさない。AutoSleep, SOMNUS等の睡眠アプリで計測・評価し、自分の最適な睡眠時間を調べる方法。
はじめに今週はいろいろと立て込んでいて、睡眠時間をだいぶ削っていたため、睡眠不足を感じていました。電車で爆睡してしまう、ランチの後に頭がボーッとしてしまう、午後の集中力が失われるなど、パフォーマンスに影響します。...

また、瞑想は、1.集中力が高まりパフォーマンスが上がる、2.思考によるストレスが軽減される、3.イライラ、不安から解放され、心が安定するという効果があります。

休憩の間に5分でも10分でも瞑想すると落ち着きます。

「脳パフォーマンスが上がる瞑想法」マインドフルネス瞑想習慣の4つのメリット。
はじめにマインドフルネス瞑想は人気があり、多くの本が出版されています。また、瞑想講座などもよく開催されています。では瞑想はどのような効果があるのでしょうか?瞑想に興味があるが一歩踏み出せない、得体が...

さらに運動や散歩など身体を動かすことも気分転換になり、エネルギーをチャージできるでしょう。

予定やタスクを絞り込む

予定やタスクをたくさん詰め込んでも、エネルギーは早々に枯渇してしまいます。

また、結果的にはやり残しがたくさん発生したり、ストレスがたまります。

自分のちょうどいい予定、タスクの量を知り、そのペースを守るように余白を持つのがよいでしょう。

Googleカレンダーのスケジュールに余白を持つ3つの理由
はじめに自分の予定表、カレンダー、ぎちぎちになっていませんか?GoogleカレンダーやApple純正カレンダーを使うと1日、そして1週間の予定を俯瞰できます。今日一日でたくさんのことをやりとげたいと...

まとめ

1日のエネルギーのペース配分をする3つのポイントを紹介しました。

  1. ポモドーロタイマーでこまめに休憩し、長時間作業を続けない
  2. 昼寝、瞑想でチャージ
  3. 予定やタスクを絞り込む

ただし、ペース配分を考えて動いていても、突発の仕事などが発生したらその対応でエネルギーが枯渇することもあります。

その状態で焦って頑張ろうとしてもうまく行きません。

そんな時は割り切って、早く休、早く寝て次の日にがんばりましょう。

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました