「iPhoneを枕元に置かない」を習慣化する3つの方法(Apple Watch活用)

iPhoneを枕元に置いていないでしょうか。

枕元に置いておくと、つい通知が気になったり、SNSをチェックしたくなったり夜更かしの誘惑が生じますし、スクリーンが発するブルーライトによる睡眠不足や睡眠の質の問題もあります。

Apple Watchを活用して「スマホを枕元に置かない」を習慣化する3つの方法を紹介します。

  1. 目覚ましはApple Watchの振動で起きる
  2. 明日の予定はApple Watchで見る
  3. 思いついたメモはApple Watchで音声メモする

iPhoneは寝室には持ち込まず、別の部屋の充電スタンドに置いておきましょう。

続きはこちらの記事をご覧ください。

Apple Watchで「スマホを枕元に置かない」を習慣化する方法(デジタルデトックス)
はじめにスマートフォンを寝室に持ち込んで、枕元に置いていないでしょうか。目覚ましとしてスマートフォンを利用する方も多いのではないでしょうか。ただ、スマートフォンを寝室に持っていくと、つい通知が気になったり、...
iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
片付け・デジタルデトックス
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました