PARAメソッドでEvernoteのノートを整理する3つのステップ

はじめに

デジタル情報の整理法PARAメソッドを使って、Evernoteの情報を整理する方法を紹介します。

PARAメソッドは以下の4つのカテゴリで情報を整理する方法です。

  1. プロジェクト(project): 期限があり、特定のゴールに結びつく一連のタスクを含むもの
  2. エリア(area of responsibility): 長期にわたってメンテナンスすべき活動領域であり、ゴールや期限はなく続くもの
  3. リソース(resource): 現在進行中の関心あるトピックやテーマ
  4. アーカイブ(archive): 完了したプロジェクトやアクティブで亡くなったエリアやリソース
デジタル情報の整理法PARAメソッドのかんたん解説
はじめにEvernoteやOneNoteのようなノートアプリを使って、プロジェクトやタスク、資料など様々な情報を入れている方は多かれ少なかれ、どう情報を整理したら良いのか悩んでいるのではないでしょうか。どんどん増え...

Evernoteのスタックやノートブックの機能を使ってPARAメソッドに沿って情報を整理する3つのステップを紹介します。

  1. 4つのカテゴリに対するスタックを作る
  2. 使っていないノートブックをアーカイブ
  3. 新しいプロジェクト、エリア、リソースのノートを作る

PARAメソッドでEvernoteを整理

4つのカテゴリに対するスタックを作る

PARAメソッドの4つのカテゴリに対して、4つのスタックを作ります。

  • 1. Projects
  • 2. Areas
  • 3. Resources
  • 4. Archives

1.Projectsというように番号をつけると意図した順番にスタックが並びます。

0 inboxのノートブックはスタックに入れずに独立したノートブックにしておいた方が使い勝手が良いです。

Evernoteのキホン:情報の入り口inboxノートブックを作る3つのステップ
はじめにEvernoteを使い始める方に向けてぜひ取り入れて欲しい技を紹介します。今回は、情報の入り口としてinboxというノートブックを作る方法です。メールの受信箱と同様、Evernoteに入れたい情報を...

使っていないノートブックをアーカイブ

PARAセットアップガイドでは以下の5ステップを推奨しています。

  1. 新たに”Archive[今日の日付]”フォルダを作成し、既存ファイルを全て移動させる
  2. 現在のプロジェクトのフォルダを作る
  3. 新たに”Projects”フォルダを作り、そこに全てのプロジェクトのフォルダを移動させる
  4. 新たに”Archives”フォルダを作成し、既存フォルダを移動させる
  5. 必要な時だけ新しいフォルダを作る
PARA Part 4: Setup Guide - Forte Labs
Series Navigation: The P.A.R.A. Method>This article is a guide for getting started with PARA, an organizational system for your digital life. Here’s the 5-step ...

ただ、一気にPARAメソッドに移行しても、そのワークフローが合わないかもしれません。

お試しとして、既存のノートブックやスタックの構造は維持しつつ、新たに作るプロジェクトやエリア、リソースをPARAメソッドで管理することにします。

アーカイブについては、完了したプロジェクトやアクティブで亡くなったエリアやリソースであるため、比較的やりやすいです。

使っていないノートブックは、Archivesフォルダに移動させましょう。

スタック、ノートブックの構成がスッキリします。

なお、Evernoteのノートブック数のシステム制限は1000です。

たくさんのプロジェクトがある場合はノートブックをマージしたり、タグをつけてノートブック数を減らす工夫もすると良いでしょう。

Evernote のシステムの制限
Evernote には以下のようなシステムの制限があります。   ベーシック プラス* プレミアム Evernote Business ノートの数 100,000 100,000 100,000 500,000 (ビジネスアカウントのユーザ全員の合計)1 ...

新しいプロジェクト、エリア、リソースを作る

新しくやることが出てきたら、”Projects”スタック内にプロジェクト名を付けたノートブックを作成します。

ここで、プロジェクトは期限があって明確なゴールに結びつく一連のタスクを含むものです。

期限やゴールがないものはエリアかもしれません。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

デジタル情報の整理法PARAメソッドのかんたん解説
はじめにEvernoteやOneNoteのようなノートアプリを使って、プロジェクトやタスク、資料など様々な情報を入れている方は多かれ少なかれ、どう情報を整理したら良いのか悩んでいるのではないでしょうか。どんどん増え...

プロジェクトはある一定期間の活動であり、期限があるもの。

そのため、プロジェクト名には、例えば”202101セミナー”のように、年月を入れると良いでしょう。

年月を入れるとしっくりこないものはエリアやリソースである可能性があります。

エリアの場合は、”Areas”スタック内にブックマークを作りましょう。

Webで調べた情報や資料やスライドを入手した時、それが新しいトピックで今後もその情報を扱うことがありそうならリソースに、トピック名でノートブックを作成します。

例えば、PARAメソッドなどノート術について調べた情報を整理するため、”ノート術”というノートブックを作ります。

まとめ

Evernoteのスタックやノートブックの機能を使ってPARAメソッドに沿って情報を整理する3つのステップを紹介しました。

  1. 4つのカテゴリに対するスタックを作る
  2. 使っていないノートブックをアーカイブ
  3. 新しいプロジェクト、エリア、リソースのノートを作る

たくさんのスタック、ノートブックなどの情報を一気に整理しようとすると大変で続きません。

少しずつEvernoteを耕していく気持ちで、気長にデジタル情報を整理していきましょう。

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
スポンサーリンク
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました