スタンディングデスクの利用を習慣化する3つの方法

はじめに

スタンディングデスクを使って立って作業すると以下の3つのメリットが得られます。

  1. 脳の処理速度が上がる
  2. 脱線しにくい
  3. 眠くなりづらい
iPad × スタンディングデスク: 「立って書く」習慣をおすすめする3つの理由
はじめにアイデアを書いたり、参考書籍を読みながらメモを取ったり、ノートに書く時は座っていますか?スタンディングデスクを導入してから、ノートを立って書く習慣ができました。紙のノートも、デジタル...

ただ、スタンディングデスクを使うのを忘れてしまったり、ちょっと疲れていて椅子に座って作業する時間が増えると、立って作業する頻度が減り、いつの間にかスタンディングデスクを使わなくなってしまうということがあります。

スタンディングデスクの利用を習慣化する3つの方法を紹介します。

  1. パソコンをスタンディングデスクの上に常備する
  2. ポモドーロタイマーとセットで使う
  3. ベイビーステップで1日5分でも使う

スタンディングデスクを習慣化する3つの方法

パソコンをスタンディングデスクの上に常時置いておく

まず朝のスタートで机に向かう際に、椅子に座るのかスタンディングデスクの前に立つのかが大きな分かれ目です。

パソコンが通常のデスクに置いてあると、椅子に座るという行動から始まります。

パソコンがスタンディングデスクの上に置いてあると、立っての作業が始まります。

この環境だけで行動が変わります。

ノートで作業を始めるという方はノートをスタンディングデスクの上に置いておくと良いでしょう。

ポモドーロタイマーとセットで使う

作業のときは集中するためにポモドーロタイマーを使うことにしています。

すぐ集中が途切れるあなたに。ポモドーロタイマーFocus To-Doを使いこなす3つのポイント
はじめにポモドーロタイマーとタスク管理を統合したアプリFocus To-Doの3つの特長を紹介しました。画面をロックせず、残り時間を常時表示できるタスク管理とポモドーロテクニックを統合充実したレポート機能...

If-Then Planningの手法を使って、このポモドーロタイマーを使う時には、立って作業するというルールにします。

If-Thenプランニングは、①(if)もし、Xだったら、②(then)Yをする というように、どんな行動するかを事前に具体的に決めておく目標達成手法です。

お墨付きの目標達成手法If-Thenプラニングをざっくり解説。いつどこで何をするかを決めると実行できる【習慣化の技術】
目標に向けて行動を続けるにはダイエット、運動、学習など続けたい習慣には、何キロまで痩せたい、マラソン大会に出たい、TOEICの点数を上げたい、など目標があるでしょう。その目標を達成するためには、短期間でがっと頑張れ...

ポモドーロタイマーを使う時には立つということを思い出すことができ、習慣化できます。

25分やったら座ってストレッチしたり、ソファで休んだりすることで足を休めることもできます。

毎日1日5分でも立って作業する

1日ずっと立って作業するというと大変、疲れそう、という感情がわきおこります。

それよりも、5分だけやってみるというベイビーステップで行動しましょう。

毎日続けることが大事です。繰り返すことでそれが当たり前になっていきます。

習慣化には無理なくできる、小さな行動として続ける手法が役に立ちます。

モチベーションに頼らず、絶対にできる「小さな習慣」にフォーカスする
はじめに今日は、モチベーションが上がらないから、筋トレはやめておこうかな。モチベーション低いから、ブログを書くのは明日にしよう。行動するときにモチベーションがないとできないという考え方をしていると、いつまで...

まとめ

スタンディングデスクの利用を習慣化する3つの方法を紹介しました。

  1. パソコンをスタンディングデスクの上に常備する
  2. ポモドーロタイマーとセットで使う
  3. ベイビーステップで1日5分でも使う

1日中座り続けるのは体が凝り固まり、姿勢も悪くなり、健康に悪い習慣です。

立ってやるのを当たり前にしていきましょう。

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
スポンサーリンク
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました