在宅勤務なら(11インチでなく)12.9インチiPad Proを選ぶ3つの理由

はじめに

iPadは、遊びも仕事も色々できる万能デバイス。

ハイエンドのiPad Proには11インチと12.9インチの2種類のサイズがあります。

どちらのサイズを選ぶか迷う方、多いのではないでしょうか。

最新モデルのiPad Pro12.9インチ(WiFIモデル)は、280.6mm x 214.9mm、682g。

持ち歩くにはちょっと抵抗のある大きさと重さです。

カフェで作業する際にも幅が280.6mmと結構なスペースをとります。

ところが最近はテレワーク中心で、家でiPadを使うことがめっきり増えました。

そうなると、iPad Pro 12.9インチを選ぶ方が作業効率がアップし、コンテンツをより楽しむことができます。

iPad Pro 11インチよりも12.9インチを選ぶ3つの理由を紹介します。

  1. コンテンツの迫力とマルチタスクの使い勝手
  2. ノート、マインドマップが書きやすい
  3. Magic Keyboardが打ちやすい

  

 

12.9インチを選ぶ3つの理由

コンテンツの迫力とマルチタスクの使い勝手

12.9インチと11インチの差は1.9インチですが、映画やドラマなどの動画コンテンツを見る際の没入感は大きく違います。

Kindleやdマガジンで雑誌を見る際も、わざわざピンチイン・ピンチアウトの操作で拡大・縮小する必要なしに、小さい文字や写真のディテールも見えて快適です。

ただし、手に持っているとずっしりと重さを感じます。

机や膝上に置くのが基本です。

マルチタスクの際も、画面が大きい12.9インチの強みがはっきりします。

ブラウザ閲覧しながら、メールアプリを使う。

動画を見ながらTwitterを使う。

書籍を読みながら、ノートアプリを使う。

Split Viewで画面を分割しても、それぞれのアプリ画面が十分にあり、使い勝手を維持することができます。

11インチの場合、画面が小さくなってしまい、使い勝手が落ちる場合があるでしょう。

Apple Pencil手書き習慣。iPadで資料とノートを表示できるスプリットビューの3つの活用法。
‎「Noteshelf」をApp StoreではじめにiPad OSの進化により、マルチタスク機能やファイル管理機能が整備され、だいぶiPadで作業することが増えてきました。iPadOSのスプリットビューと...

ノート、マインドマップが書きやすい

12.9インチはノートを広々と使えます。

GoodNotes5を使ってApple Pencilで書く場合も、A4サイズ(210 × 297 mm)の紙の感覚でたくさん書くことができます。

手書きノートアプリの定番GoodNotes 5の3つの特徴レビュー
はじめにアイデア出しやメモには紙のノートが便利。紙のノートは切り替えタイミングで2冊持つ必要があって少々不便。デジタル手書きノートはページを自由に足していくことができ、ノートの切り替えは必要ありません。...

多少小ささな字も拡大しなくても読むことができるため、ノートを見返すときにも便利。

ノートサイズが小さいと、書く文量が制限されたり、ピンチイン・ピンチアウトの操作が煩雑になります。

マインドマップアプリについても、大画面を活かして大きなマインドマップを作成して、そのまま見ることができます。

画面が小さい場合は、マインドマップ全体を見るために枝を折り畳んだり、縮小表示する操作が必要になり、使い勝手が落ちます。

アイデア出し・情報整理に役立つマインドマップアプリ3選: iThoughts, XMind, SimpleMind
はじめにマインドマップをデジタルで書くことにはメリットについて以下の記事で考えてみました。今度は実際にどのアプリを使うとよいか比較しましたので、参考になれば幸いです。iPhone、iPadのマインド...

Magic Keyboardが打ちやすい

11インチ用のMagic Keyboardも十分実用的ですが、12.9インチ用のMagic Keyboardに比べるとキーのサイズが小さく、長時間使っていると若干疲れます。

12.9インチ用のMagic KeyboardはMacBook ProやMacBook Airと同様のサイズであり、トラックパッドが小さいこと以外、使い勝手は変わりません。

Magic Keyboardのレビュー記事ご覧ください。

iPad Pro用Magic Keyboardの1ヶ月使用レビュー
iPadのためのキーボード - Appleから引用はじめに持ち歩き用のデバイスをMacBookからiPad Proに置き換えてより身軽にしたいと考えていました。iPad Proは軽量でバッテリも持ち、性能も十分。...

まとめ

在宅勤務なら(11インチでなく)12.9インチiPad Proを選ぶ3つの理由を紹介しました。

  1. コンテンツの迫力とマルチタスクの使い勝手
  2. ノート、マインドマップが書きやすい
  3. Magic Keyboardが打ちやすい

家で使う分には、12.9インチの重く、かさばるというデメリットを無視できます。

  

 

iPad mini(7.9/8.3インチ)と、iPad Pro(11インチ)のサイズ比較の記事もご覧ください。

閲覧性、マルチタスク、携帯性の3つの観点で比較・検討すると良いでしょう。

[iPadの選び方]miniからProまでデジタル手書きに適したサイズを考える3つのポイント
はじめにメモをとる、アイデアを出す、日記を書く、勉強する。様々な目的でデジタル手書きのノートに書く際、どのサイズのiPadが最適なのか。デジタル手書きに適したiPadのサイズを考える3つのポイントについて紹...
デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
スポンサーリンク
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました