未来の自分年表における目標の書き方3つのステップ

はじめに

自分の人生の大きな出来事をまとめた自分史。

過去を振り返ることで、就職や異動、引っ越し、趣味や学び・成長など自分の転機となった出来事、山あり 谷ありを発見することができます。

自分史を書くための自分年表のテンプレートは過去だけではなく、これからの出来事を書くこともできます。

未来の自分年表に書くことで、自分の目標の達成時期を具体化することができます。

自己認識を深める自分史の書き方3つのステップ[ライフログ]
はじめに人生における誕生から学校の入学や卒業、資格の取得、就職や異動・転職、家族のイベント、趣味。人は忘れる生き物であり、様々な出来事は結構忘れているものです。自分のことは知っているようで意外とわかっていな...

未来の自分年表における目標の書き方3つのステップを紹介します。

  1. 過去の出来事からやりたいことを書き出す
  2. 3年後の理想の姿をイメージする
  3. 未来の自分年表に目標を書く

自分史に未来の目標、妄想を書く3つのステップ

過去の出来事からやりたいことを書き出す

これまでの出来事で例えば旅行やフルマラソンなど、充実感や達成感を味わった活動はなんでしょうか。

また、これまでの仕事や住んでいた場所を振り返る。

楽しんだ仕事、気に入った住んでいる場所はどこでしょうか。

やりたいこと、変えたいことを書き出してみましょう。

3年後の理想の姿をイメージする

ステップ1で書き出したやりたいこと、変えたいことをより具体化していきます。

以下の質問を使って、3年後の理想の姿をイメージしてみましょう。

  1. どんな仕事をしてやりがいを感じていますか?
  2. 3年間でどんな挑戦をしましたか? 
  3. 3年間で何を学びましたか?
  4. どんな趣味を楽しんでいますか?
  5. どこに旅行に行きましたか?
  6. 家族や友人との人間関係はどうですか?
  7. どこに住んでいますか?

未来の自分年表に目標を書く

やりたいことを、プライベート、学び・成長、仕事、家族イベントのカテゴリごとに、未来の自分年表の3年後のところに書きます。

3年後に書くと、自然とそれを達成するには何をしなくてはならないのか、思考が働きます。

例えば引っ越しをしたいのであれば、物件を探してみる。

旅行であれば行く日程を決めたり、パンフレットを取り寄せる。

目標に向けた行動に落とし込んで、一歩ずつ進めていきましょう。

Todoistのようなタスク管理ツールを使って、目標をプロジェクト化するのもよいでしょう。

Todoistでプロジェクトを目標、状況、課題、タスク、スケジュールで管理
プロジェクト、どのように管理していますか?モノづくりや執筆、学習、運動など様々な自分のプロジェクトについて、どんな情報をまとめてレビューすると良いか。プロジェクト管理の仕方を一例として紹介します。プロジェク...

まとめ

未来の自分年表における目標の書き方3つのステップを紹介しました。

  1. 過去の出来事からやりたいことを書き出す
  2. 3年後の理想の姿をイメージする
  3. 未来の自分年表に目標を書く

自分年表は過去の出来事だけでなく、未来の目標も見える化することができます。

理想の3年後を描いて未来年表に書き出し、やりたいことを実現していきましょう。

自分史を作れるアプリ「100年表」の記事も合わせてご覧ください。

自分史を作れるアプリ「100年表」の3つの特長レビュー[ライフログ]
はじめに人生における誕生から学校の入学や卒業、資格の取得、就職や異動・転職、家族のイベント、趣味。自分の生きてきた軌跡をまとめることで、自己認識が深まり、新しい自分を発見することもあるでしょう。人生...
iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
セルフコーチング・思考習慣
スポンサーリンク
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました