片付け習慣。「1日に1つ捨てる」を毎日やる3つの理由。

はじめに

机、棚、クローゼット、床。

あなたの周りの環境は十分に片付いていて機能的、快適でしょうか。

あるいはモノが多かったり、散らかっていたり、混乱した状態でしょうか。

人は視覚や触覚で環境の影響を受けるため、混乱した環境では脳にノイズが入ります。

片付いていて集中できる環境を作るために、「1日に1つ捨てる」を毎日やる3つの理由を紹介します。

  1. まとまった片付け時間を確保しなくてよい
  2. どこから手をつけるか考えなくてよい
  3. ゲーム感覚でチャレンジできる

「1日に1つ捨てる」を毎日やる3つの理由

片付けのためのまとまった時間を確保する必要がない

散らかっている環境をなんとかしようと、大掃除のように一気に捨てたり、片付けるのは無理があります。

忙しい毎日の中、まとまった時間の確保は難しいでしょう。

また、一気にやろうとしても息切れしてしまい、途中で挫折してしまいかねません。

スモールステップとして1日に1つ捨てるところから始めましょう。

1つ捨てるだけであれば時間はかかりません。

生活の中で少し気をつけていれば、ゴミや不要なモノをすぐに見つけられることでしょう。

朝のルーティンに5分の片付けを組み込み、一つ捨てるものを見つけましょう。

「たすくま」がルーティンを扱うのに便利な3つの理由
はじめに朝、毎日やるルーティンを決めていますか。ストレッチや散歩などの運動やマインドフルネス瞑想を習慣にしている方もいれば、本を読んだり、日記を書いたりインプット・アウトプットをする方もいるでしょう。...

どこから手をつけるか考えなくてよい

モノが多い状態では最初の1歩を踏み出すのは簡単ではありません。

机、クローゼット、リビングなど、どこの場所から片付けようか考えると、行動に踏み出せないでしょう。

そこで、1日の中で1つだけモノを捨てることに集中します。

1日に1つだけ捨てればよい、というようにルールをシンプル化しましょう。

それを毎日続けることが大事です。

昨日は2つ捨てたから、今日はなし、というように片付けをする日としない日が発生すると、習慣化しづらくなります。

1日に2つ以上のものを捨てても、その分を次の日に持ち越すことはせず、毎日できるだけ同じ時間で1つ捨てることをコツコツと実行しましょう。

【マインドフルネス瞑想習慣】毎日同じ時間、同じ場所で座る固定化の仕組みで瞑想を自動化する3つのステップ。
はじめに習慣化をする1つのコツは、できるだけ同じ時間や場所など同じ状況で、同じ行動を繰り返すことです。そうするとより効率的に、色々考えずともその行動を自動的に、実行することができるようになります。これは時間...

ゲーム感覚でチャレンジできる

「毎日1つ捨てる」を続けていると、朝から何か捨てるものはないかという意識でモノや空間を見ます。

そして一つ捨てることができると、今日のノルマはクリアしたという達成感を得ることができます。

例えば30日間、毎日やると決めてチャレンジしてみましょう。

外出自粛で刺激が足りない方に!30日間チャレンジの習慣
行動が減って刺激が不足し、幸福感が下がる外出できない日々が続いて刺激が足りないと感じていませんか?以前はいろいろな場所に遊びにいったり、お店でおいしいものを食べたり、多くの人と会って話をしたりと様々な行動を...

また、日記に「今日捨てたモノ」という項目を作り、記録するのもよいでしょう。

日記に何を書くか。あなた独自の日記テンプレートを作るべき3つの理由。
はじめに日記を書く時、どんな項目で書いていますか。日記を書く目的は人それぞれ。同じ人でもライフスタイルの変化、仕事の役割や内容の変化によって、書くべき内容は変わります。体調に気をつけるのであれば、食...

まとめ

片付いていて集中できる環境を作るために、「1日に1つ捨てる」を毎日やる3つの理由を紹介しました。

  1. まとまった片付け時間を確保しなくてよい
  2. どこから手をつけるか考えなくてよい
  3. ゲーム感覚でチャレンジできる

自分の中で、持ち続けるもの、手放すものの基準をつくり、環境を整えましょう。

片付けに関する参考書はこちらをご覧ください。

減らす技術 新装版

大切なことに集中するため、無駄なモノ・コト、不要なモノ・コトを減らすための考え方のヒントが満載。
捨てる、手放すためのルールなど。
シンプルライフを目指したくなる良本です。

人生を変える断捨離

断捨離は、モノの捨て方からはじまりますが、この選び抜く、絞り込むが浸透すると、考え方ややることなど「コト」の手放し方、シンプルなライフスタイルにつながっていきます。
空間や時間がごちゃごちゃしているのなら、この本からはじめましょう。

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則

片付け=自分のリソースを目標に向かって集中できる環境を作ることと定義し、片付けの34のメソッドを紹介しています。例えば、片付けの基本3原則として、3択の原則、初速最大化の原則、ローコスト管理の原則を示しています。部屋がきれいになることをゴールにしているのではなく、人生を最大化し、幸福を手に入れるための本です。

人生がときめく片づけの魔法 改訂版

片付け本の定番。累計1100万部超えの世界的ベストセラー。
どんな空間を作りたいのかというアイデア、
どうモノと付き合いたいのか考え方のヒントを得られるでしょう。
片付けのやる気に日をつけてくれる本です。

1週間で8割捨てる技術

捨てる技術を丁寧に解説してくれる良書。
ブログ「筆子ジャーナル」(https://minimalist-fudeko.com/)もおすすめです。

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
片付け・デジタルデトックス
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました