時間管理の習慣。たすくま(Taskuma)を使った行動記録の基本の3つのポイント。

たすくまを使った、行動記録の基本的な方法について紹介します。

  1. 行動の開始、終了時にタスクのボタンをタップ
  2. 振り返りのためのコメントと評価の記録
  3. 生活パターンとしてのリピートタスクの登録

時間管理は、行動記録から。

自分が何に時間を使っているかを客観的に見ることができ、自分の改善すべき点を見出すことができます。

また、なにか行動をする際に、たすくまを使って記録を開始することで、「自分がいまから何をしようとしているのか」を意識することができます。

タイムマネジメントと行動記録の基本。Taskuma(たすくま)の使い方の3つのポイント。
はじめに あなたの生活パターン、生活リズムは10点中、何点でしょうか。起きる時間や寝る時間。運動やストレッチで体を動かしているのか、座っているばかりの生活か。生活の充実度やダラダラ度、そしてストレス...
iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました