疲れた時に甘いものをとるのは逆効果。「疲れたらチョコ」の習慣を変える3つの方法。

「疲れたらチョコ」の習慣を変える3つの方法を紹介します。

  1. 選択の構成を変える(家に置かない)
  2. カカオ成分の多いチョコにスイッチ
  3. 血糖値コントロールのためを少しずつ分けて食べる

「医者が教える食事術」では砂糖入り缶コーヒー、清涼飲料、ケーキを控えるように強く勧めています。

イライラしていたり、面倒な作業をしているとチョコレートや甘いものが欲しくなりますが、疲れた時に甘いものをとるのは逆効果。

チョコレートの習慣も変えていきましょう。

疲れた時に甘いものをとるのは逆効果。「疲れたらチョコ」の習慣を変える3つの方法。
はじめに 疲れた時には、甘いものが欲しくなります。甘いものをとると、血糖値が上がって疲れが取れると思い込んでいないでしょうか。「医者が教える食事術 最強の教科書」によると、それは逆で、かえって疲れて...
iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
運動・カラダ習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました