クリーンで機能的。iPhone標準カレンダーを使う3つの理由(iOS14)

はじめに

カレンダーアプリは何をお使いでしょうか。

これまでGoogleカレンダーをメインで使っていました。

Googleカレンダー+Togglの時間管理の3つのメリットと課題
はじめに時間管理のツールによって、時間の使い方を見る高度は異なります。タスク管理アプリ「たすくま」は「虫の目」、Googleカレンダー+Togglを中心とした時間管理は「鳥の目」だと考えています。...

iOS 14でウィジェットが新しくなりましたが、Googleカレンダーは新しいウィジェットには未対応です(既存のウィジェットはそのまま使えます)。

そこで、iPhone標準カレンダーを使い始めましたが、結構気に入って使っています。

iPhone標準カレンダーを使う3つの理由を紹介します。

  1. クリーンで機能的なUIとウィジェット
  2. iPhoneで予定のカレンダー種別を修正できる
  3. アイコンに日付・曜日が表示される

iPhone標準カレンダーを使う3つの理由

クリーンで機能的なUIとウィジェット

iPhone標準だけあって、白を基調に赤のアイコンによるミニマルなデザイン。

iOS14のウィジェットにも当然対応しているため、ホーム画面にも配置できます。

時間で予定(イベント)を表示するビューと、予定をリスト表示するビューがあります。

前者は空き時間や予定のつまり具合が視覚的に分かり、後者は狭い画面でコンパクトに多くの予定を確認できます。

また、iPhoneXs Maxでは大画面を生かしてより多くの情報が表示されます。

iPhone11 Proを横向きにすると、週4日の予定が表示されるビューになりますが、Maxの場合には1週間分の予定を俯瞰して表示できます。

1日表示の場合、時間で1日の予定を表示するビューの右に予定のメモを表示することができます。

Googleカレンダーの場合、予定の詳細画面を開かないとメモを表示できないのに対し、前後の予定を見ながら予定のメモや詳細を見ることができるのは便利です。

iPhoneで予定のカレンダー種別を修正できる

iPhoneのカレンダーではプライベートや仕事、家族など複数のカレンダー種別を利用することができます。

iPhoneで複数のカレンダーを設定する
iPhoneの「カレンダー」では、複数のカレンダーを設定して異なる種類のイベントを追跡できます。

iOSのGoogleカレンダーアプリでは、予定をあるカレンダー種別で設定して登録した後、別のカレンダ種別に変更する操作ができません(Webアプリを使えば可能)。

そのため、間違えて登録してしまった場合、iOSアプリでは修正ができません。

iOSの標準カレンダーアプリではカレンダー種別を修正可能です。

この機能は、カレンダーに「やることの時間を確保」するタイムブロッキングに便利です。

やりたいことの時間を確保。Googleカレンダーでタイムブロッキングする方法。
理想の時間割やりたいことの時間、毎日確保できていますか?また、1週間で見たとき、やりたいことの時間、確保できていますか?このところ、やりたいこと、やるべきことも増えてきてだいぶズレが出てきました。そ...

「タスク」と「完了」というカレンダー種別を作り、タスクは「タスク」カレンダーに登録します。

そのタスクを実行して完了したら、タスクの予定を開き、カレンダー種別を「完了」に変えます。

「タスク」と「完了」のカレンダー種別の色を別々にすることで、視覚的に未完了のタスクと完了のタスクを区別することができ、タスクのやり残しを防止できます。

アイコンに日付・曜日が表示される

シンプルな機能ですが、ホーム画面のアイコンには今日の日付と曜日が表示されます。

これが意外と便利です。

なお、iOS標準カレンダーから、Googleカレンダーで作ったカレンダーも表示できます。

そのためTodoistのGoogleカレンダー機能を使って、iOS標準カレンダーにTodoistのタスクを表示することも可能です。

GoogleカレンダーとTodoistを双方向同期。先延ばしを防止するタイムブロッキングの方法。
はじめに重たいタスクは先延ばしされがちです。特に、体調やメンタル的にエネルギーが落ちているときはなおさら。先延ばしをしないようにするにはカレンダーにそのタスクを実行する時間を確保する、タイムブロッキングが有...

まとめ

iPhone標準カレンダーを使う3つの理由を紹介しました。

  1. クリーンで機能的なUIとウィジェット
  2. iPhoneで予定のカレンダー種別を修正できる
  3. アイコンに日付・曜日が表示される

Googleカレンダーから十分乗り換えてもよい使い勝手です。

Macでの同様の使い勝手のMacアプリが利用でき、便利です。

GoogleカレンダーではMacアプリを利用できません。

なお、iPadOS14をお使いの場合、Apple pencilで予定やメモを書くこともできます。

英字に限定されますが、手書きで書くとテキストに変換されます。

Apple Pencilの使いみちがさらに広がっています。

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
集中・マインドフルネス習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました