「7つの習慣」第一世代〜第四世代の時間管理とiPhoneアプリ

はじめに

時間がない、時間が足りない。

時間をうまく使えていない、時間を浪費している。

時間を何に使うのか、何に使わないのか、時間をどう使うのか。

自分にとって大事なことを実行し、達成していくために、どう計画、準備し、実行していくのか。

時間管理は大きなテーマです。

7つの習慣の第三の習慣「重要事項を優先する」では、これまでの時間管理の研究を4つの世代に分けています。

  1. 第一世代: メモやチェックリスト
  2. 第二世代: カレンダーや予定を書き入れる手帳
  3. 第三世代: 優先順位を考慮した1日単位の計画表
  4. 第四世代: 第二領域の優先課題をスケジュールする週単位の計画表

4つの世代の時間管理の手法と、それをサポートするiPhoneアプリを合わせて紹介します。

時間管理の4つの世代とiPhoneアプリ

第一世代

第一世代は「メモ」や「チェックリスト」。

いわゆるToDoリストとして、やるべきこと、やりたいことを書いて忘れずに実行することを助けるものです。

タスクを実行したらチェックして、達成感を味わうことができます。

ただし、第一世代の時間管理には優先順位という概念はなく、タスクは必ずしも自分の人生の目的や価値観と整合したものではありません。

外からやってきた「やるべきこと」を着実にこなしていくというのが、第一世代のツールの目的です。

時間管理、タスク管理を始める際には、第1世代のツールからスタートするのがよいでしょう。

iPhoneアプリとしてはiPhoneの「メモApp」は、メモAppではチェックリストを作成してタスクを管理できます。

また、チェックリストの状態で、完了したタスクと未完了のタスクが分かります。

iPhone, iPad, Macに標準で入っているため、すぐに使えます。

iCloudで同期するため、どのデバイスからもタスクのメモを見ることができます。

‎メモ
‎“メモ”は手早く自分の考えなどを書き留めるのに最適です。また、チェックリスト、画像、Webリンク、スキャンした書類、手書きの文字やスケッチなどを含めた長いメモを保存することもできます。iCloudを使うと、すべてのデバイス間で簡単に同期し、どこからでも作成したメモにアクセスできます。 新機能 • “トップヒット”を...

他、Google Keepもマルチデバイスで使える優れたメモアプリで、チェックリストでやるべきことを管理できます。

色分けやピン留めでメモが一覧しやすいメモアプリGoogle Keepの3つの特長レビュー
はじめにメモアプリ、どんなアプリをお使いでしょうか?ノートアプリはEvernote、OneNoteを使っていますが、気軽なメモには不向きで、Todoistにタスクとしてメモしていました。...

第二世代

第二世代は、カレンダーや予定を管理できる手帳です。

将来の様々な予定、イベント、活動をスケジュールするものです。

前もって計画をして準備し、着実に予定をこなすことができるでしょう。

ただし、タスクには優先順位がつけられているわけではなく、自分の人生の目的や価値観と結びついたものではないかもしれません。

外からやってきた要望、依頼に応じて予定を入れて、時間をしっかり守り、計画的にスケジュールをこなすというのが第二世代のツールの目的になるでしょう。

第一世代のToDoリストに加えて、第二世代のカレンダーを使えば、時間管理の基礎ができます。

カレンダーアプリの定番はGoogleカレンダーです。

紙の手帳ももちろんよいのですが、デジタルカレンダーは、スケジュールの修正がしやすい、繰り返しの予定を投入できる、プライベートや仕事等予定を分かりやすく色分けできるなどの利点があります。

理想の1日を得るために、理想のスケジュールをGoogleカレンダーに書く3つの理由
はじめにあなたの理想の一日は、どのようなスケジュールでしょうか?自分のやりたい活動や趣味が十分にできている1日でしょうか?家族との交流、団欒の時間が取れている1日でしょうか。あるいは、朝、早起きして...

第三世代

第三世代は、第一世代、第二世代のツールに、「優先順位付け」、「価値観の明確化」、および「目標設定」の概念を加えたものです。

具体的な長期、中期、短期的な目標を設定し、その目標の達成に時間とエネルギーを集中させる手法です。

この世代の中心的なツールは「1日単位の計画表」。

Todoistは第三世代の時間管理のツールといえるでしょう。

プロジェクトの目標を明確にして、タスクに優先順位や実行日時を指定することができます。

Todoistでプロジェクトを目標、状況、課題、タスク、スケジュールで管理
プロジェクト、どのように管理していますか?モノづくりや執筆、学習、運動など様々な自分のプロジェクトについて、どんな情報をまとめてレビューすると良いか。私のプロジェクト管理の仕方を一例として紹介します。プロジ...

タスクを実行する日時や優先順位付けができ、その日にやるべきタスクを「今日」というビューで一覧できます。

今日やるべきタスクが優先順位、時間順で表示されるため、その順番で実行することで大事なことを優先できます。

1日の時間を効率的に使い、生産性を上げることができるでしょう。

タスク管理アプリの定番「Todoist」の使い方、レビューの仕方、他サービス連携、様々な応用などまとめ記事。
はじめにやるべきこと、やりたいこと、いわゆるタスクは生活している限り、途絶えることはありません。仕事、生活、遊び、あらゆる場面にタスクが現れます。レポートを提出する、期限までに支払いする。やるべきタ...

また、「たすくま」も優先度付けの概念はありませんが、1日単位の計画表として、朝から自分の生活、仕事も含めてタスクが時系列で並ぶ形になっています。

優先度の高いタスクを早い時間にスケジュールすることで重要事項を優先できます。

タスク管理、時間管理、習慣化、ライフログの統合ツール。たすくま(Taskuma)の記事まとめ
たすくまはタスクシュート方式のタスク管理のアプリですが、タスク管理、時間管理、習慣化、ライフログの統合ツールとも言える素晴らしいツールです。タスク管理、時間管理、習慣化、ライフログ、それぞれの記事をまとめます。...

第四世代

第四世代は、物や時間に集中するというより、「大切な人間関係」や「生活の役割」、「大切な目的の達成」に焦点をあてていいます。

つまり、重要だが緊急でない第二領域の活動に集中することをサポートするのが第四世代のツールです。

自分のビジョンやミッション、役割と目標、優先順位と計画に沿った時間管理をしてくれるもの。

自分の健康、家族、仕事、自己啓発などの時間管理のバランスを生み出してくるもの。

「7つの習慣」では、第二領域の活動に集中するもっとも良い方法は、週単位で計画すること、と述べています。

大切なのは「スケジュール課題に優先順位をつけることではなく、優先課題をスケジュールに入れる」ことである。

そしてそれを行う最も良い方法は、週単位で計画することである。

7つの習慣 第三の習慣 ●重要事項を優先する

1週間を計画する4つのステップについて詳しくは以下の記事を御覧ください。

  1. 役割を定義する
  2. 目標設定
  3. スケジュール化
  4. 日々の対応
第2領域の活動を優先。TodoistとGoogleカレンダーを使って1週間単位で計画する4つのステップ。
はじめに7つの習慣における、第三の習慣「重要事項を優先する」では時間管理を扱っています。有名な時間管理のマトリックスが示されており、緊急度と重要度の軸で、わたしたちの時間を4つの領域に分けています。...

まとめ

7つの習慣の第三の習慣「重要事項を優先する」における、4つの世代の時間管理の手法と、それをサポートするiPhoneアプリを合わせて紹介しました。

  1. 第一世代: メモやチェックリスト
  2. 第二世代: カレンダーや予定を書き入れる手帳
  3. 第三世代: 優先順位を考慮した1日単位の計画表
  4. 第四世代: 第二領域の優先課題をスケジュールする週単位の計画表

時間管理を始める場合、最初は第一世代のメモ、第二世代のカレンダーからスタートして、徐々に高度な時間管理手法を取り入れていくのがよいでしょう。

こちらの時間管理の記事もご覧ください。

時間に縛られない、自由な時間を作る時間管理の習慣
はじめに時間の使い方は習慣です。時間をどう使うかはパターン化されていて、いつも同じような行動をして、そこで時間が使われていきます。良い時間の使い方の習慣があれば、やりたいことができ、成果を上げ、有意義な時間...

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました