iPhoneのサイズで悩む方に。大小iPhone2台持ちをする3つの理由

はじめに

iPhoneを買う上で、大きいサイズにするか、小さいサイズにするのか迷う方、多いのではないでしょうか。

例えばiPhone 11のシリーズの場合、iPhone 11は6.1インチ、iPhone 11 Proは5.8インチ、iPhone 11 Pro Maxは6.6インチです。

大きいサイズは動画やWeb閲覧には便利ですが、片手では使えず、持ちづらいし重いです。

小さいサイズは片手で使えて軽く、持ちやすいメリットがあります。

小さいもちやすさと画面の大きさによる見やすさは1つの端末では両立しません。

そこで、大小のiPhone2台持ちをする3つの理由を紹介します。

  1. 持ちやすさと画面の大きさを両立してマルチタスクができる
  2. シーンに応じて大小の使い分けができる
  3. バッテリ残量を気にせず使える

大小iPhone2台持ちをする3つの理由

マルチタスク

iPadにはSplit ViewやSlide Overのマルチタスク機能がありますが、iPhoneにはありません。

iPhoneとiPadの組み合わせも良いのですが、より身軽にするには大小のiPhoneの2台持ちという選択肢もあります。

  1. カレンダー見ながらメール
  2. 動画を見ながらメモ
  3. 電子書籍を読みながら記事を書く

このようなマルチタスクを2つのiPhoneで実現できます。

電車内のマルチタスクに便利。大小iPhone2台持ちの運用方法。
電車内でマルチタスクスマートフォンを使っていてマルチタスクよくやりますか?・カレンダー見ながらメール・動画を見ながらメモ・電子書籍を読みながら記事を書く・動画を見ながら閲覧これらの操...

持ちやすさと画面の大きさを両立できる

iPhoneの大きいサイズと小さいサイズの両方を使う選択をすると、どちらを選ぶか迷う問題を解消できます。

利用シーンに応じてどちらを使うか、柔軟に選ぶことができます。

2つのiPhoneでAppleIDを同じにしておけば、データの同期もリアルタイムでできます。

ポイントは両方のiPhoneに同じアプリを入れて、ホーム画面の配置もできるだけ同じにすること。

そうするとシームレスに2台のiPhoneで作業ができます。

ちなみに、AndroidとiPhoneの2台持ちというオプションもありますが、OSの違いやアプリの違いから使い勝手が変わってしまいます。

Pixel3とiPhoneの2台持ちをしましたが、入力方法など混乱して効率が落ちるため、あまりおすすめしません。

バッテリも安心

2台持ちにしているとバッテリ残量を心配せず、iPhoneを使うことができます。

電子マネーなど、iPhoneのバッテリがなくなると困ることがありますが、2台持ちであれば安心です。

片方がなくなってももう一つを使えば大丈夫。

モバイルバッテリは手放しましょう。

使い切ったら、手帳やノートなどアナログ作業に移行すればデジタルデトックスできます。

モバイルバッテリーを手放し、デジタルデトックスする3つのステップ
はじめに普段、モバイルバッテリーを持ち歩いていますか?バッテリーは結構な重量がありますが、充電したらあとは無用で重くてかさばるだけです。スマートフォンやPCなどの使い過ぎを防ぐためには、利用時間を制限するだ...

まとめ

iPhoneのサイズで悩む方向けに、大小iPhone2台持ちをする3つの理由を紹介しました。

  1. 持ちやすさと画面の大きさを両立してマルチタスクができる
  2. シーンに応じて大小の使い分けができる
  3. バッテリ残量を気にせず使える

iPhoneも以前のモデルであればリーズナブルに手に入れられますし、機種変更のタイミングで下取りにださずに使い続ける方法もあります。

iPhoneでマルチタスクしたい方、今お使いのiPhoneのサイズにしっくりしていない方は、大小の2台持ちを試してみてください。

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました