ブログのアイデア出しの時間と書く時間を分ける3つの理由

はじめに

ブログを毎日継続して書くのは簡単なことではありません。

時にはブログ記事で書くネタがなくて困るという時もあります。

そんな時になんとか書こうとパソコンの前にかじりついても、なかなか書くことはできません。

記事のアイデアを構想する工程と、記事の構造をデザインして文章を書く工程は別物です。

ブログのアイデア出しと書く時間を分ける3つの理由を紹介します。

  1. パソコンの前に座ってアイデアは出ない
  2. トップダウンで考えられる
  3. アイデアをまとめて出せる

ブログのネタ出し時間と書く時間を分ける3つの理由

パソコンの前に座ってアイデアは出ない

パソコンの前に座ってブログを書くネタ出しをしようと考えても出てきません。

時間だけが過ぎていきます。

アイデア出しと文章の執筆は思考のモードが異なります。

アイデア出しは歩きながら考えたり、カフェでリラックスしながらやりましょう。

歩くと脳が活性化し、アイデアが出やすくなります。

また、公園に行ったり、カフェに行ったりと場所を変えることで、知覚を刺激します。

同じ場所で座っていても刺激は生まれません。

トップダウンで考えられる

アイデア出しの時間では、自分のブログの目的やコンセプト、ターゲットとする読者やテーマなど改めて振り返りましょう。

本来のコンセプトに沿って、どのような記事を書くべきかを考えると、まだ書いていない書くべきトピックが見つかります。

また、読者のターゲットを少しずらして、入門的記事を書いたり、周辺の読者にむけた記事を書くことを考えてもよいでしょう。

ブログの過去記事を読むのも、アイデア出しには役立ちます。

リライトしたり、同一テーマの記事のまとめを書いてより有益な記事にすることもできます。

アイデアをまとめて出せる

アイデア出しの時間を確保すると、記事アイデアをまとめて出せます。

例えば、あるテーマにおいて、いくつかの連載記事を企画することができます。

アイデアをまとめて出す際には、マインドマップを使うとアイデアを発散、拡大させることができます。

小さなアイデアを拾って、育てて、構造化することができます。

毎日書ける。ブログのアイデア出しにマインドマップを使う3つの理由。
はじめにブログを毎日書く上で大変なのはネタ出しではないでしょうか。毎日何かまとまった記事となるアイデアを出し続けるのは簡単ではありません。書きたいこと、トピックが思いつかない状態で、エディタに向かってもなか...

ただし、このようなブログ記事のアイデアをストックしておいても、どうも書きたいという気持ちに火が付かない時もあります。

そのような場合はあがいても仕方ありません。次の日の朝に書けると信じて先送りしましょう。

まとめ

ブログのアイデア出しと書く時間を分ける3つの理由を紹介しました。

  1. パソコンの前に座ってアイデアは出ない
  2. トップダウンで考えられる
  3. アイデアをまとめて出せる

書く時間の確保だけでなく、ブログのアイデア出しをする時間を確保することも重要です。

ただアイデア出しは、歩いていても、電車で立っていてもできること。隙間時間を活用できます。

ブログを毎日書き続ける3つの理由についてはこちらの記事をご覧ください。

ブログの習慣。毎日、ブログを書き続ける3つの理由。
はじめに本ブログ、毎日1記事の投稿が習慣化できてきました。日々を慌ただしくやるべきことで終わるのではなく、ブログでアウトプットできていることで満足感があります。アウトプットすることで思考が深まり、さらなるア...

iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
書く・アウトプット習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました