集中力を持つのが難しい3つの理由と「15の集中力自己診断テスト」

はじめに

頭の中が混乱している、落ち着かない、ぐるぐる同じところを回っている、決められない、自分でも思考のごちゃごちゃをコントロールできない。

こういった雑念により落ち着かない思考の状態はモンキーマインドとも呼ばれます。

たくさんのタスクや締め切りに押しつぶされそうになったり、ストレスや疲労感がある時など、モンキーマインドになるのではないでしょうか。

目の前のことに集中しようとしても思考に邪魔される。

少し取りかかってもすぐに別のことか気になってしまい、集中が続かない。

現代社会のライフスタイルにおいて、集中力を維持するのは簡単ではありません。

集中力を維持するのが難しい3つの理由と「15の集中力自己診断テスト」について紹介します。

  1. 生活習慣
  2. 環境
  3. ストレス

集中力を維持するのが難しい3つの理由

生活習慣

睡眠不足や長時間労働での疲労があっては集中することは難しくなります。

しっかりと休息をとって頭をすっきりとした状態でないと集中できません。

肩こりや腰の痛み、目の疲れなど体の調子がよくない場合もそれらが気になって集中に影響するでしょう。

また、きちんと遊び、リフレッシュする時間を取れているでしょうか。

緊張状態が続いていては疲弊し、エネルギーが下がり、集中する気力は出ません。

適度な運動もしていなければ身体は重くなり、集中して取り掛かるという動き出しも鈍くなります。

生活習慣に関する「集中力自己診断テスト」の各項目、当てはまるかチェックしてみてください。

  1. 睡眠不足である
  2. 疲れが溜まっている
  3. 体の調子が良くない
  4. 最近あまり休めていない
  5. 運動が不足している

環境

パソコンやスマートフォンからのメール着信やソーシャルメディアの通知などの誘惑は集中の邪魔になります。

また、電話や上司・同僚からの割り込みが頻繁にある場合も、せっかくの集中が途切れてしまうという問題があります。

机の上の不要な本や資料も注意を奪われますし、騒音や周りの話し声で気が散ってしょうがないということもあるかもしれません。

最近は在宅勤務の方も増えていますが、同僚が周りにいない環境では、集中するのが難しいということもあるでしょう。

環境に関する「集中力自己診断テスト」の各項目、当てはまるかチェックしてみてください。

  1. スマートフォンやパソコンの通知が多い
  2. 電話や人からの割込みが多い
  3. 机の上が片付いていない
  4. 騒音や周りの話し声が気になる
  5. 人の目がないとだらけてしまう

ストレス

複雑な人間関係や生活の不安や心配など、気になることあるでしょうか。

それらが頭から離れないと集中することは難しいでしょう。

先延ばししていることがあると、何か作業をしていても気になってしまいます。

またイライラすることがあったり、何か失敗を引きずっているとやはりそれが頭の中を占めてしまい集中を妨げます。

自分でひとりになって不安、心配、イライラに向き合う時間や癒す時間も撮れないとなると、よりストレスが溜まって言ってしまいます。

ストレスに関する「集中力自己診断テスト」の各項目、当てはまるかチェックしてみてください。

  1. 不安や心配事がある
  2. 先延ばししていることがある
  3. 自分で一人になる時間がない
  4. イライラすることがある
  5. 失敗を引きずることがある

まとめ

集中力を維持するのが難しい3つの理由と「15の集中力自己診断テスト」について紹介しました。

「集中力自己診断テスト」の15項目、いくつ当てはまったでしょうか。

当てはまった項目を1点として合計点数を計算してください。

点数今後のアクション
1~5点集中力マスターの領域。素晴らしい状態です。その調子で習慣、環境をメンテしていきましょう。
6~10点もっと集中を上げて楽しく生産的になれる余地があります。当てはまった項目から一つ選んで、今日から改善に取り組みましょう。
11~15点集中力を保つ危険域です。生活面ではまずよく休んでエネルギーを充電しつつ、環境面として片付けに取り組みましょう。瞑想もストレス軽減、集中力促進に役立ちます。
いつも頑張れるは思い込み。戦略的に休む習慣。
バリバリ、生産性高い日もあれば、エンジンがなかなかかからない日もある。そんな時に今日の自分はダメだと責めてはいないでしょうか。私たちはコンピューターではありません。疲れていることもあれば、やる気がない時、調...
【片付け習慣】やる気が出ないとき、プチ片付けをするべき3つの理由
はじめになんだかやる気が出ない、頭がごちゃごちゃしている。元気がない、何をするにも億劫。このような状態のまま、ずるずるとしていると物事が前に進まず、ますます状態が悪くなっていきます。常にやる...
マインドフルネス瞑想を通じて自分の身体と対話するセルフケア習慣
はじめに普段、生活していると自分の身体の調子や疲労に、なかなか意識が向きません。肩こりがひどくなったり、目の疲れが溜まって重くなったとき、はじめて痛みに気づきます。また、疲労が積み重なってやる気が出...

このような集中力を邪魔する課題に対して、様々な研究の知見やメソッドが論文や書籍で紹介されています。

集中力を助ける様々なスマホアプリや動画コンテンツも提供されています。

メソッドやデジタルツールを活用して集中力を発揮し続ける習慣を身に付けましょう。

マインドフルネス瞑想入門

初心者の方はまずこの本で学びながら実践してはいかがでしょう。
CD付きで音声で学べます。
CDには以下のような音声が入っています。
・朝の瞑想~1日をマインドフルにすごすための準備
・日常生活の瞑想~スキマ時間の瞑想トレーニング
・祈りの瞑想~心が安らぎ、人間関係がうまくいく
・夜の瞑想~緊張感を解き、良質の眠りに導く

脳パフォーマンスがあがるマインドフルネス瞑想法 Kindle版

1日10分、マインドフルネス瞑想で気づく力を養うというコンセプトで瞑想に適した座り方や呼吸法が解説されています。

シーン別の瞑想実践法として、歩く瞑想や聞く瞑想、食べる瞑想、見る瞑想、ボディスキャン瞑想など様々なバリエーションの方法が紹介されており、楽しめます。

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

脳の疲れ、脳疲労を回復させるための7つの休息法を解説している本です。
マインドフルネス呼吸法、ムーブメント瞑想、ブリージングスペース、モンキーマインド解消法、RAIN、やさしさのメッタ、ボディスキャンの7つ。
脳を洗浄する睡眠☓瞑想と睡眠の大事さ、マルチタスクの弊害、脳の衝動などの説明もあり、興味深いです。
集中力やパフォーマンスを上げましょう!

危機を乗り越えるマインドフルネス

マインドフルネスとは「今、ここ」の現実に気づき、客観視すること。ネガティブ思考を手放し、感情の平安を取り戻す方法です。

デジタルツールメルマガ
毎日、目の前の仕事でなんとなく1日が過ぎてしまう。疲労感、消耗感、先延ばし感でなく、もっと充実感、達成感、成長感を味わいたい。そんなビジネスパーソンに向けて、本メルマガはごきげんな1日をデザインするのに役立つデジタルツールを紹介します。日記や手帳、時間管理、習慣化、生産性向上、生活改善等のアプリやiPhone,iPad活用法について、あなたのライフスタイルに合わせた活用法をお届けします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
集中・マインドフルネス習慣
関連記事
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました