手帳の習慣。やることがいっぱいの混乱状態から抜け出し、集中する3つのステップ。

はじめに

締め切りが迫っていてバタバタしている時こそ、新たな依頼事項が来たり、別の問題が発生したりします。

常に、いろんな課題がやって来ます。

そんな時、いろいろと他のことが気になって、目の前のタスクに集中できないということあるのではないでしょうか。

手帳を活用して、やることがいっぱいの混乱状態から抜け出し、集中する3つのステップを紹介します。

  1. 紙の手帳にタスクを書き出す
  2. 急ぎのタスクにマークする
  3. 一つずつ取り掛かる

なお手帳は、ロイヒトトゥルムがおすすめです。

A5サイズもA6サイズもリピートしています。

バレットジャーナル用手帳、ロイヒトトゥルムのA5/A6サイズ選び。
A5かA6か、悩ましいサイズ選び手帳はアナログ派ですか、デジタル派ですか?アナログの紙の手帳をお使いの場合、サイズはどれくらいでしょうか?用途によってアナログ、デジタルの使い分け、紙のノートの最適なサイズは...

混乱状態から抜け出す3つのステップ

紙の手帳にタスクを書き出す

頭の中がごちゃごちゃしている状態で、目の前のタスクに集中するのは困難です。

まず頭の中の気になること、やらなければいけないことを紙に書き出します。

書いたタスクがどこかに行ってしまわないように手帳に書きます。

デジタルノートよりも紙の手帳に書くのがおすすめです。

理由は3つあります。

常にタスクを見える化

まず、紙に書くことで、目の前に実体としてタスクを見える化できます。

手帳を机の上に開いておいて常に目に入るようにすることで、大事なタスクを忘れないようにしなければならないという負担から解放されます。

頭の中のことをスムーズに引き出す

次に、紙に手書きすることで、気になること、やるべきことをスムーズに紙の上に引き出すことができます。

特に頭が混乱している状態ではタイピングするよりも、手書きの方が思考をダイレクトに素早く引き出して書くことができるでしょう。

すぐに追記できる

さらに、手帳を机の上に開いておくことで、追加のタスクを思い出した時も、すぐに書くことができます。

そうすれば、その追加のタスクのことはいったん忘れて、今の作業に集中することができます。

急ぎのタスクにマークする

手帳に書き出したタスクは、締め切りも違えば、優先度も違うでしょう。

ただここで、タスクをやる順番を決めていると時間が取られますし、そんな余裕はないでしょう。

とにかく急ぎでやる必要があるのか、あとでも大丈夫なのかだけを仕分けしましょう。

急ぎのタスクにのみマークします。

本当に急ぎのモノはそれほど多くはないはずです。

なんとかなりそうだという見通しを持つことができれば、混乱状態から一歩抜けだせるでしょう。

一つずつ取り掛かる

急ぎとマークされたタスクを順番に一つずつ取り掛かります。

品質よりもスピード。

タイマーを使って集中してやります。

絶対に複数のタスクに手をつけるマルチタスクはやめましょう。

一つずつシングルタスクで確実に終わらせておくことが効果的です。

マルチタスクしてませんか?タイマーとメモ帳を使ってシングルタスクに徹する方法
はじめに今年の自分の目標の1つは、シングルタスクを徹底すること、つまり目の前のタスクに100%集中することです。ながら作業でマルチタスクでちょこちょこと自分の注意を切り替えていると、集中すれば短時間で終わる...

まとめ

手帳を活用して、やることがいっぱいの混乱状態から抜け出し、集中する3つのステップを紹介します。

  1. 紙の手帳にタスクを書き出す
  2. 急ぎのタスクにマークする
  3. 一つずつ取り掛かる

仕事や生活をしている限りは常に様々なタスクや課題は発生し続け、それがなくなることはありません。

手帳に書き出して、まず混乱状態から抜け出しましょう。

なお、もう少し余裕があるときには、タスク管理アプリを使って整理するのもよいでしょう。

以下の記事をご覧ください。

やることがとっ散らかって混乱状態の時に!Todoistによるタスクの階層整理法
はじめにやるべきこと、やりたいことがたくさんあって、混乱状態ではないでしょうか?役割が増えたり、プロジェクトがいろいろと増えると簡単に混乱状態に陥ります。・優先度: 何を早くやらないといけないのか分...

さらに、やるべきことが多くて困っているのであれば、根本的な解決法は速くタスクを片付けることではなく、やるべきことを絞り込むことです。以下の「Focal Point」の記事をご覧ください。

【選択と集中の習慣】やるべきことが溢れていて流されている方に。ブライアン・トレーシー著「大切なことだけやりなさい(Focal Point)」
はじめにやりたいこと、やるべきことにあふれていないでしょうか?やりたいこと、やるべきこと、どちらも大事。すべてをバランス良く、できるだけたくさん達成するため、タイムマネジメント、タスク管理を工夫する...
iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
集中・マインドフルネス習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました