楽しく書ける日記習慣。DayOneで、家族、友人、趣味、旅行等のテーマ別活動日記を書く3つのポイント。

‎「Day One ジャーナル + ライフログ」をApp Storeで

はじめに

日記アプリはDayOneが以下の理由からやはり気に入っています。

  1. 美しいデザイン
  2. リッチテキスト、Markdownが使える
  3. 続けやすい、過去の日記を振り返りしやすい
振り返りを習慣化しやすい日記アプリDayOneの3つの特長レビュー
はじめに日記を習慣化したいという方、多いのではないでしょうか。記録を残したり、振り返りをしないと1日が流れ過ぎてしまいます。日記が習慣として人気の理由の一つは、「書くことで1日がはっきりと感じられること」と...

DayOneにはプレミアムサービスの機能になりますが、複数のテーマに分けて日記(ジャーナル)を作成する機能があります。

つまり、1つのアプリの中に、複数のテーマ別の日記帳を作成できるということです。

趣味や旅行先、家族、友人、スポーツ、エンタメなどのテーマに分けて日記を書くと、より楽しく日記を書けます。

旅行日記というテーマでまとめると旅行先を時系列で見ることができますし、友人というテーマでは遊びに行ったりイベントや飲み会などの交流を時系列で見ることができます。

映画やドラマというテーマでまとめると過去にどんな映画を見たのか映画視聴記録が出来上がります。

DayOneで、家族、友人、趣味、旅行等のテーマ別活動日記を書く3つのポイントを紹介します。

  1. 作成するテーマは多すぎず少なすぎず
  2. 写真を適度に記録する
  3. その時の出来事、感情も含めて記録

ジャンルを分けて日記を書く3つのポイント

作成するテーマは多すぎず少なすぎず

DayOneでは、テーマ別の複数の日記を作ることができます。

iPhone, iPadの場合、ジャーナル一覧のメニューにある「新規ジャーナルを開始」から、新しいジャンルの日記を作ることができます。

この時、細かくテーマを分けて、たくさんのジャーナルを作ってしまいがちですが、あまり細かく分けると、日記を書くときにどのジャーナルに書けば良いか迷ってしまったり、選ぶのが面倒になります。

一方で、異なるテーマの日記が同じジャーナルに入っていると、テーマとしての統一感が失われます。

5〜7、多くても10程度の適度な数のジャーナルにすると良いでしょう。

写真を適度に記録する

文字だけの日記よりも写真が入っている日記の方が見返す上で楽しいですし、情報量が増えます。

旅行での景色の写真、行ったお店の写真、懇親会での交流の写真、マラソンでのレースの写真など写真のあるなしで日記を見返すモチベーションは大きく変わります。

また、写真から思い出せることも多いでしょう。

スマートフォンではきれいな写真が気軽に撮影でき、写真を撮る機会が増えたと思いますが、以前の写真を見返すことはあまりしないという方も多いと思います。

DayOneの日記に写真を貼り付けると、写真だけのビューでそのテーマの写真を時系列で見ることもでき、写真の活用の幅が広がります。

ただし、スマートフォンで撮った写真をDayOneに全て記録するのはやめた方がよく、もう一度見たいと思う写真に絞り込んで記録した方が良いです。

理想はDayOneを開いた時に見たい写真のみが写真ビューに表示される状態です。不要な写真や似たような写真がいくつもあると見やすさや楽しさが半減します。

DayOneでは動画や音声も扱えます。動画や音声はさらにその場の雰囲気を捉えることができますので、活用すると良いでしょう。

その時の出来事、感情も含めて記録

旅行の日記などはその時に行った場所、感想、感情などその場で記録するのがおすすめです。

iPhoneを取り出してさっと一言メモする程度で十分です。

また、Apple Watch版のDayOneを使うと、その場所のチェックイン情報を手元で記録したり、音声を録音できたり、音声入力でメモを残すこともできます。

メモや記録は後でやると面倒ですし、生々しい情報がどうしても落ちてしまいます。

その時、その場でやるのがいいでしょう。

まとめ

DayOneで、家族、友人、趣味、旅行等のテーマ別活動日記を書く3つのポイントを紹介しました。

  1. 作成するテーマは多すぎず少なすぎず
  2. 写真を適度に記録する
  3. その時の出来事、感情も含めて記録

日記を書く習慣をおすすめする3つの理由はこちらの記事をご覧ください。

日記を書く習慣。15年間、毎日、日記を書き続けている3つの理由。
はじめに日記を書く習慣を続けている方、多いのではないでしょうか?私は2006年から日記を毎日書き続けているので日記は15年目になります。一方で日記がなかなか続かない、あるいは興味はあるけどメ...

なお、日記はやはり手書きで書きたいという方はこちらの日記帳をご覧ください。

3年日記、5年日記を書けば過去の同じ日の良かったことを思い出すことができます。

アピカ 日記帳 1年自由日記 横書き B6 青 日付表示なし D411-BL

好評のPremium C.D.NOTEBOOKと同じオリジナル筆記用紙「A.Silky 865 Premium」を使用した日記帳
・万年筆でもボールペンでもさらりと書ける、シルクのようななめらかな書き心地が特徴
・手触りの良い表紙は、金箔と空押しでデザインし、ケース入りとなっているので贈り物としても最適
・これから日記を始める方にもおすすめできる上質な日記帳

アピカ 日記帳 3年日記 横書き A5 日付け表示あり D303

・1ページに同じ日にちで、3年分書ける3年日記
・1ページに3年分見返すことができるので、過去の記録をふり返りながら書くことができる
・年、曜日の日付欄が空欄になっているのでどの年度からでも、好きなタイミングで始められる
・仕様…1ページ(横書1年9行×3年分) 192枚 日付表示あり

アピカ 日記帳 5年日記 横書き A5 日付け表示あり D304(1冊) 濃紺

気軽に日記でも始めてみようと思っている方、毎日1ページも2ページも、その日のできごとを書き留めていくのは結構大変だったりしませんか?『アピカ 5年日記』は、毎日6行分の記入スペースなので、1日の出来事を簡潔に書きこむことができるので、飽きやすい人でも5年後を楽しみにしながらコツコツと続けられそうです。シンプルで高級感のあるアンティーク調の見た目も、本棚でいい味を出してくれるでしょう。

アピカ 日記帳 10年日記 横書き B5 日付け表示あり D305

・1ページに同じ日にちで、10年分書ける10年日記
・1ページに10年分見返すことができるので、過去の記録をふり返りながら書くことができる
・年、曜日の日付欄が空欄になっているのでどの年度からでも、好きなタイミングで始められる

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
書く・アウトプット習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました