inboxゼロ。メールをためずに、毎日メールの受信箱をゼロにする3つの理由。

はじめに

メールの受信箱にたくさんのメールたまっていないでしょうか?

溜まっているとメールが見づらく、メールを見るのが億劫になってしまいます。

毎日メールの受信箱をゼロ、つまりinboxゼロにする3つの理由について紹介します。

  • 新着メールが見やすい
  • どんどんメールをさばける
  • 先延ばし感を防止し、達成感を得られる

inboxゼロ

新着メールが見やすい

受信箱にメールがたまっていると、ごちゃごちゃして見づらくなります。

そのため、新しく来たメールと、すでにあるメールをぱっと区別しづらくなります。

inboxゼロで運用をしていると、新着メールが格段に分かりやすくなります。

大事なメールを見落とすこともないでしょう。

受信箱をTodoリストにする方法もありますが、メールの受信ボックスは新しくやってくるメールを確認するためのスペースとして運用し、タスクであるメールはTodoリストのフォルダを作成して、そこに入れるようにしたほうが良いでしょう。

どんどんメールをさばける

受信箱で新着メールが見やすくなると、メールを処理しやすくなります。

メールがたまっているとなかなか手が出づらいのですが、受信箱の1つ、2つのメールであればすぐに片付けてしまおうという気になり、一気に処理できます。

これを続けているとメールを溜めなくなり、inboxゼロをしやすくなるという好循環が生まれます。

メールやチャット、その場で会話のようにどんどんレスする習慣がはかどります。

先延ばし感を防止し、達成感を得られる

受信箱にメールが残っているとどうしても先延ばし感、やり残し感が残ります。

一方で、inboxゼロで一日を終わると、達成感を味わうことがあります。

宵越しのメールは持たないということ。

当然、すべてのメールを完了させることはできないのですが、受信箱からTodoリストのフォルダに移してこれは明日処理する、と決めることで受信箱からは消すことができます。

受信箱にメールがある状態はメールが保留されていて居場所がきまっていない状態です。

その場で片付けるか、Todoリストのフォルダや保管のためのフォルダに入れるなど居場所を決めてあげましょう。

まとめ

毎日メールの受信箱をゼロにする3つの理由について解説しました。

  • 新着メールが見やすい
  • どんどんメールをさばける
  • 先延ばし感を防止し、達成感を得られる

inboxゼロにしているとメールに追われる受動的な感覚から、メールを取りに行くという積極的な感覚へとシフトできます。

毎日、inboxゼロにする習慣、ぜひトライしてみてください。

なお、inboxゼロにするにあたって、先延ばししているメール対処法についてはこちらの記事をご覧ください。

先延ばししているメールありますか?すぐに取りかかる2つの方法。
メールの先延ばし問題メールはためると大変。増殖して手に負えなくなります。メールはためずにどんどん処理して、メール受信ボックスはクリアにしておくのが基本です。メールの中のタスクの種別に応じて仕分けして...
iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました