SlackとIFTTTで作る、セルフコーチングを助けるコーチボット。

はじめに

「セルフコーチング」は自分自身をコーチングすること、「心の中にコーチを持つこと」です。

セルフ・コーチング入門では、「自らの自発性によって、問題を解決し、目標を達成していくための心内対話」と定義しています。

セルフ・コーチングで効果をあげるためには、「いつもの自分とは異なる立場から質問を発するもう1人の自分」をイメージして、自分自身を客観的にとらえる視点が必要になります。

セルフ・コーチング入門

そこで、SlackとIFTTTを使って、セルフコーチングとしての質問を発するボットを作ってみたので、紹介します。

IFTTTは様々なWebサービスを連携させて、自動化できるサービスです。

Slackはビジネスチャットツールで、基本的にチームで使うサービスですが、1人でもフリープランで無料で使えます。メッセージが10,000件までとなる等の制限ありますが、1人で使う分には十分でしょう。

新しい HQ へようこそ
Slack は、チームとコミュニケーションを図るための新しい手段です。メールよりも速く、整理され、安全な方法で実現できます。

Slack+IFTTTのコーチボット

IFTTTを使って、日時をトリガーにする部品とSlackで送信する部品を接続します。

日時のトリガー

日時をトリガーにする部品は、Date&Time。設定の仕方はこちらの記事をご覧ください。

LINEとIFTTTで朝のアファメーション(セルフトーク)を習慣化する方法
はじめに「人生を変えるモーニングメソッド」(原題:THE MIRACLE MORNING)で紹介されている「人生を変える6つの習慣」の一つがアファーメーションです。アファメーションとはポジティブな口癖やひと...

曜日ごとや日付ごとである時刻にトリガーを発生させる設定ができます。

Slackで送信

次にSlackで送信する部品を接続し、設定します。

送り先はチャネルを指定したり、ダイレクトメッセージを選ぶこともできます。

あとはメッセージやサムネイルURLなども指定できます。

画像の添付はできませんが、サムネイルURLを指定することで画像を表示できます。

質問例

このように指定したチャネルにメッセージがやってきます。

通常のメッセージに対してと同様に、絵文字リアクションをしたり、スレッドで返信することもできます。

なかなか便利です。

まとめ

SlackとIFTTTを使って、セルフコーチングとしての質問をしてくれるボットの作り方を紹介しました。

このボット自体は同じ曜日・時刻に同じ質問を送ってくれるのみですが、異なる質問を別のタイミングで送るボットを作ることで、日替わりで様々なセルフコーチングの質問を受けることもできます。

セルフコーチングの質問について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【セルフコーチング】朝、自分に質問をなげかける 〜朝コーチメール〜 
コーチングにおける質問とは?「 24時間365日のパーソナルコーチングサービスを通じ、多くの人の成長、ごきげんの実現に貢献する」このミッション実現に向けて、行動コーチアプリを開発しています。このアプ...

なお、LINEとIFTTTを使って質問を発してくれるコーチボットについてはこちらをご覧ください。

IFTTTとLINEで作る、行動・思考のコーチングを助けるコーチボット。
はじめに毎日、意識したいこと、こころに留めたいことあると思いますが、ノートに書いても結構見るのが面倒だったり、覚えておこうとしても忘れてしまいがちではないでしょうか。Googleカレンダーなどカレンダーに特定の曜日...
iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
セルフコーチング・思考習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました