1日の達成感を得られない方に。Todoist、TickTick等タスク管理アプリの2つの問題とバレットジャーナルの活用。

はじめに

1日が終わったときに、今日も頑張った、やりきったという達成感を味わうと、気持ちよく1日をしめることができます。

1日の中では、大きなものから小さなものまで、様々な予定やタスクを完了させています。

ただ、1日を終わったところで、もし、いまいち達成感を感じていられないとしたら、それはタスク管理アプリのせいかもしれません。

本記事ではタスク管理アプリの2つの問題を示すとともに、対策として、バレットジャーナルに書き出す方法を紹介します。

1日が終わったとき、バレットジャーナル上で完了したタスクをいくつも見ることで、今日もがんばった、結構やれたという実感を得ることができます。

タスク管理アプリの2つの問題

TodoistやTickTickは人気のタスク管理アプリです。

やりたいことが多すぎる人向けのタスク管理〜Todoistの3つの特長〜
はじめにやりたいこと、たくさんありますか?最近、ブログやプログラミングのような個人プロジェクト、アカデミア的な活動も増え、やりたいことがあふれてきました。こういったタスク管理は長年のテーマで、たくさんのノー...
GTDベースのタスク管理アプリ TickTickレビュー。Todoistと比較!
GTDベースのタスク管理アプリタスク管理アプリは、Any.do、OmniFocusを経て今はTodoistをメインで有料プランで使い続けています。これらはすべてGTD(Get Things Done)をベースにした...

多くのタスクをプロジェクトで整理したり、優先度をつけたり、デッドラインを設定したりと管理することができます。

ただ、タスクを完了させた達成感を味わうという観点では2つの問題があります。

  • 1日の完了タスクが分かりづらい
  • アプリを開かない限り完了タスクが見えない

1日の完了タスクが分かりづらい

タスク管理アプリでは、タスクを完了させると、タスクのリストから消えます。

完了したタスクを表示するという機能もありますが、それは今日達成したのか、以前達成したのかは区別がつきません。

ログの画面を見ればいつ完了したかを確認できますが、常時見る画面ではありません。

つまり、その日にどんなタスクをどれだけ完了できたかが分かりづらいということです。

アプリを開かない限り完了タスクが見えない

当然ながら、タスク管理アプリを表示しない限り、完了タスクは見えません。

1日を振り返るときにわざわざタスク管理アプリを開くかというと、結構面倒です。

結果として今日達成できたこと、完了できたことを味わうことができません。

タスクをバレットジャーナルに書き出す

対策としては、タスクをバレットジャーナルに書き出すのがおすすめです。

タスク管理アプリTodoistとバレットジャーナルで1日のタスクをやりきる方法
タスクのやり残し問題タスク管理アプリを使っていて今日もあのタスクができなかった、このタスクをやり残してしまったということないでしょうか?タスク管理アプリには様々なプロジェクトの多くのタスクが入っているため、決して空...

タスク管理アプリからその日にやるタスクを選び、タスクを書き出します。

バレットジャーナルにはタスクの場合、行頭には□マークをつけます。

そしてタスクを完了させたら、行頭の□のマークを塗りつぶす。

これをやるだけで1日に終わったタスクが時系列で見える化できます。

1日単位でどんなタスクを完了させたのかだけでなく、日付を遡れば前日、その前のタスクの完了状況も確認することができます。

このようにタスクの完了の記録をとり、見える化すると、1日に結構いろいろできたことがあったと気づくことができます。

まとめ

1日の達成感を味わうという観点で、タスク管理には、①1日の完了タスクが分かりづらい、②アプリを開かない限り完了タスクが見えない、という2つの問題があることを解説しました。

そしてその対策として、タスクの完了をバレットジャーナルに記録し、見える化する方法を紹介しました。

記録して見える化しない限り、やったことの多くは記憶から消えてしまいます。

タスク管理はアプリとバレットジャーナルを組み合わせる方法がおすすめです。

バレットジャーナルとタスク管理アプリTodoistを一緒に使う3つの理由
Todoist: ToDoリスト・タスク管理・リマインダー: App Storeプレビューより引用バレットジャーナルとタスク管理バレットジャーナルはシンプルな箇条書きノート術です。やること(タスク)や予定(イベント...

参考書籍もご覧ください。

バレットジャーナル 人生を変えるノート術

バレットジャーナルの公式ガイド。バレットジャーナルが生まれた背景から考え方、実践法まで学べます。「本当に重要なことに集中し、自分にとって大切なこととはなにかを考える上できわめて貴重な「アナログの避難所」を提供している。」とあるように自分への理解を深めるツールという位置づけが興味深いです。

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル

入門編として、デイリーログ、フューチャーログ、コレクションなど書き方が丁寧に解説されています。
カラー写真などおしゃれで見ていて楽しいです。

ロイヒトトゥルム1917ではじめる箇条書き手帳術

ロイヒトトゥルムではじめるとあるように、ロイヒトトゥルムが好きな方は読むといいでしょう。事例も豊富で、書き方、工夫点などアイデアが得られます。

シンプルなのに驚くほどうまくいく! バレットジャーナル活用術

インスタグラムに、@88necocoというIDで、デザイン性のあるバレットジャーナル手帳を公開されています。それを見て気に入ったら本も手に取るといいでしょう。
https://www.instagram.com/88necoco/?hl=ja

iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
時間管理・タスク管理
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました