Evernote, OneNoteでWebページをそのまま保存してはいけない2つの理由(Webクリッパー)

はじめに

Evernote, OneNoteには、プレゼンスライドや資料などのファイルをノートに挿入する機能があります。

ノートに資料をまとめることができて便利。

また、参考となるWebページもクリッパーを使ってノートに保存することができます。

しかし情報を溜め込むだけ溜め込んで活用できていないということはないでしょうか。

Evernote, OneNote, Noteshelf, GoodNotes。便利なデジタルノートの3つのワナに注意。
はじめにデジタルノートは紙のノートにはない便利さを与えてくれます。何度でも編集・修正できますし、テキストで書いたり色分けすることで読みやすくなります。たくさんの情報をノートに入れても紙のノートのよう...

資料やWebページをそのまま保存・蓄積しないほうがいい理由が2つあります。

第一に、資料やWebページをそのまま保存・蓄積していると、次回使う際にその資料やWebページを再度、全体を読む必要があり、非効率です。

第二に、そのまま保存・蓄積だけする場合、その資料やWebページの重要なポイントが何かを把握できておらず、今後活用できる可能性が低くなるためです。

要点を把握してこそ、今後必要な場面でその情報を参照、活用することができます。

資料やWebページを保存するときは、その場でポイントを抽出し、ノートにまとめるところまでやることで、その情報を活用することができます。

ポイントを抽出・まとめる方法

資料やWebページからポイントを抽出し、まとめる際には、次回にそれを活用する場面を想定するとよいでしょう。

量や価格などの数字を参照したい、日付やスケジュール、場所を参照したい、手順を確認したい、特長や欠点を参照したい、関係者を確認したいなどがその例です。

フレームワークとして、Where(どこ),Who(だれ),When(いつ),What(何),Why(なぜ)の項目で考えるとよいでしょう。

なお、ここでその資料やWebページを次回に活用する場面がもし想像できないのであれば、それらを保存・蓄積する必要はありません。

その情報は不要であるからです。

いつか、もしかしてその情報が必要になるかもしれないという考えを手放す勇気を持ちましょう。

なお、ポイントを抽出したり、まとめること自体が面倒、時間がかかると感じるかもしれません。

そのように感じるのはその情報自体があまり重要なもの、必要なものではない可能性があります。

保存・蓄積するのにも作業が発生しています。不要な情報はスルーするのがいいでしょう。

まとめ

EvernoteやOneNoteを使う際に、資料やWebページをそのまま保存、蓄積してはいけない2つの理由を紹介しました。

  • 次回使う際に、再度全体を読む必要があり、非効率
  • 必要なポイントが把握していない場合、今後もその情報を活用する可能性は低い

ファイルやWebページをとりあえず保存・蓄積するのはやめて、その場でポイントを抽出、まとめることを習慣化しましょう。

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
書く・アウトプット習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました