Web会議に参加するMac, iPad, iPhoneを選ぶ3つのポイント

はじめに

Web会議、PCやMac等パソコン、スマホ、タブレットなど、どんなデバイスで参加していますか?

今や、ZoomやWebex, Teamsなど様々のWeb会議サービスの利用が広まってきており、今後、さらにWeb会議の機会は増えていくものと思います。

快適な環境を整えておくと生産性も快適性もあがります。

Web会議に参加する際のデバイスを選ぶときの3つのポイントについて紹介します。

  1. 画面サイズ
  2. 移動性
  3. 処理性能

Web会議に参加するデバイスを選ぶ3つのポイント

画面サイズ

1つ目は画面サイズ。

Web会議では資料が投影されたり、参加者の映像の一覧を表示する機能があるため、画面サイズは大きくWeb会議での体験に影響します。

画面サイズが大きければ資料の字も読みやすい。

参加者一覧も画面サイズが大きければより多くの参加者の映像を表示できます。

逆に画面サイズが小さいと資料の細かい図や字は読めないですし、参加者の映像も一部しか見えません。

参加者の映像を見ると例えば自分がプレゼンをしているときなど聴講者の反応が見えるため、多くの人の映像が見えたほうが有用です。

スマホはどうしても画面が小さいため、携帯性や手軽さはいいのですが、得られる体験は限定的。

そのため、パソコンやタブレットのほうが便利でしょう。

MacBook Pro 16インチは画面が広くて快適です。

iMacとMacBookProの比較。MacBook Pro 16インチ 1ヶ月レビュー
はじめにiMacにするか、MacBook Pro 16インチにするか、迷っている方、多いと思います。iMac 27インチ(Late 2015)をずっと使っていましたが、MacBook Pro 16インチが発売された際、買い...

iPhoneで参加する場合も5.8インチのiPhone 11 Proよりも6.6インチのiPhone 11 Pro MaxやiPhone Xs Maxを選ぶほうがよいでしょう。

移動性

2つ目は移動性あるいは携帯性です。

Web会議中に書類やノートを広げるため、スタンディングデスクからより広い机に移動したいということがあるかもしれません。

また、無線環境が不安定な場合に別の部屋に移動するというケースもあるでしょう。

据え置き型のパソコンでは移動するのは難しいですが、ラップトップPCやタブレット、スマホであれば可能です。

iPadはその点、持ち運びは簡単で片手でもってさっと移動できます。

iPad Pro11インチはサイズと携帯性の観点でいいバランスです。

Magic Keyboardを取り付けていればいい角度でWeb会議に参加できます。

 

MacBookとiPadの比較レビュー。MacBook 12インチから、iPadOS搭載iPad Proへ置き換え、使い分け。
はじめに持ち出して使う用途のMacBook 12インチ、920gと非常に軽くてデザインもよく、気に入って使っています。移動先での利用用途としては、原稿やブログの執筆、スライドの作成、プレゼンテーション、SNS等の情...
iPadをMacBookのように使う。iPad Pro用Magic Keyboardを1ヶ月使用レビュー。
iPadのためのキーボード - Appleから引用はじめに持ち歩き用のデバイスをMacBookからiPad Proに置き換えてより身軽にしたいと考えていました。iPad Proは軽量でバッテリも持ち、性能も十分。...

もっと軽いほうがよければiPad miniもいいですね。

iPad mini 第5世代 1年間使用レビュー。キラーアプリはコンテンツとマインドマップ。
1年間使用レビューiPad mini、使い始めて1年間になりました。 1年使ってみて、しみじみ感じるのは絶妙なサイズと重さ。iPad Proが仕事モードのデバイスであるのに対して、iPad miniはプ...

処理性能

Web会議は映像と音声の処理をリアルタイムで処理し続けるためそれなりに負荷がかかる処理です。

Web会議をしながら他の資料を見たり、メモをとったり、調べたりと別の作業をするのであれば処理性能もある程度あったほうが使い勝手がいいです。

その点、上記のMacBook Pro, iPad Proは十分に余裕があります。

まとめ

Web会議に参加する際のデバイスを選ぶときの3つのポイントとして、画面サイズ、移動性、処理性能について解説しました。

この中でも特に大きく影響するのは画面サイズです。

MacBook Pro 16インチは画面も大きく、移動もできるので、Web会議にぴったりのデバイスです。

スピーカやマイクの性能も非常によいです。

 

なお、バックアップとして、2つのデバイスからWeb会議に参加するという手もあります。

一つが不意に切れてしまってももう一つのほうに即座に利用を切り替えることができます。

大事な打合せやセミナーのときは、許されるのであれば、パソコンとスマホあるいはタブレットなど複数で参加していると安心です。

なお、ヘッドセットについては、Apple系デバイスを使っているのであればAirPods Proがおすすめです。

テレワーク環境でのWeb会議にAirPods Proをおすすめする3つの理由
はじめにテレワークでWeb会議に参加する機会が増えた方は多いと思います。ヘッドセットは何を使っていますか?しばらくiPhoneに付属している有線のヘッドセットを使っていましたが、AirPodsにしたところ、...
iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
アプリ・ガジェット
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました