日記をつける目的。自分が日々何をしているかがわからなければ、いくら自分のことでも管理のしようがない ~日記の魔力〜

日記を書く目的とは?

なぜ日記をつけるのか?

出来事を忘れないように、あとで思い出せるように書いておく。

楽しかったこと、よかったことを記録にとどめたい。

思考や感情を整理するために書く。

出来事を書く、1日の感謝を書く、学びを書く、今の問題、課題を書くなど書きたい内容は人それぞれですが、書くことで考えが進み、問題解決が進みます。

様々な目的があると思いますが、習慣化の観点からすると日記を書く目的の1つは自己管理です。

日記を書くことで自己管理する

「日記の魔力」では、以下のように行動を克明に記録するのは、良い習慣を残し、悪いところは直すためと述べています。

私の日記は、ほとんどが行動の記録だ。

朝起きてから夜寝るまで、その日1日の自分の行動を時間の推移とともに克明に書き記していく。

ただそれだけ。

だから、私の日記は、「行動の日記」といってもいい。

なぜ行動を綿密に記録するのかというと、日記をつける目的が「自己管理」だからだ。

自分が日々何をしているかがわからなければ、いくら自分のことでも管理のしようがない。

良い習慣はそのまま残し、悪いところは直す。

日記の魔力

毎日の行動も思考も日々、どんどん流れていってしまいます。

昨日の昼の食事さえ、ぱっとは思い出すことはできません。

ランチの会話で面白いアイデアをもらったかもしれないですし、食べすぎてしまって午後のパフォーマンスが落ちたという反省もあるかもしれません。

自分の思考や感情にインパクトがあった大きな出来事はしばらくは記憶に残るかもしれませんが、他の多くの日常の思考、感情はすぐに消え去ります。

しかし、ふりかえり、改善すべきはその一つ一つの小さな行動、思考、感情。

せっかくさまざまな「問い」をもって行きてきたのに、それを時間とともに忘れてしまうような生活をおくってしまっていたことに気づいたのだ。

私は人が生きるうえで「問い」を持つことはとても重要なことだと思っている。

人生の一生は「問い」のレベルで決まるといってもいい。

ただ、こうした問いはすぐに答えが出るものばかりではない。

日記の魔力

思考においてもった「問い」を日記に記し、繰り返し、考え続ける。

その積み上げによって成長、進化ができます。

まとめ

日記を書くことの目的の一つは自己管理。

この習慣が人生を劇的に変える。

日記に興味ある方はぜひ「日記の魔力」をご覧ください。

なお、人生を変えるモーニングメソッドでも以下のように日記をおすすめしています。

頭がさえる:日記を書くことで考えが明確になり、頭の中が整理でき、問題解決に効果的なアプローチであたることができる。

着想が得られる:日記を書くことでアイデアがふくらむだけでなく、将来実行したい重要なアイデアを忘れずに記録することができる。

教訓をおさらいできる:これまで学んだすべての教訓をいつでも復習できる。

自分の進捗状況を把握できる:1年前の日記を読み返して、自分の足跡を振り返る。ゴールに対して、今の自分がどこまで来たか確認できる。他のやり方では得られない素晴らしい時間であり、パワーと自信をもらえる楽しい作業だ。

人生を変えるモーニングメソッド

こちらもおすすめ本です。

早起き習慣:人生を変えるモーニングメソッドの6つの習慣
早起きして何をするとよいか?早起きは習慣の王道です。早起きしたいという人は多いのではないでしょうか?では朝、早起きして何をするとよいのでしょうか?「人生を変えるモーニングメソッド」(原題:THE M...
iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
書く・アウトプット習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました