モチベーションに頼らず、絶対にできる「小さな習慣」にフォーカスする

はじめに

今日は、モチベーションが上がらないから、筋トレはやめておこうかな。

モチベーション低いから、ブログを書くのは明日にしよう。

行動するときにモチベーションがないとできないという考え方をしていると、いつまでたっても実行できません。

行動するのにモチベーションが必要だと信じることほど、危険な習慣はありません。

モチベーションを上げたいと思うこと自体は問題ではないのですが、それがないと何もできないと考えるのは問題です。

この考えが行き着く先は、怠け癖のサイクルでしかありません。

(中略)

そこから抜け出すことはできません。

小さな習慣

小さな習慣

モチベーションに頼らずに、モチベーションゼロでもできるレベルの「小さな習慣」にフォーカスしましょう。

スティーブン・ガイズ著の「小さな習慣」では、目標はばかばかしいくらい小さくしろ、と説いています。

原題はMini Habits: Smaller Habits, Bigger Resultsとあるように、習慣を小さくすればするほど大きな結果につながると言っています。

例えば30分筋トレをやるという習慣の目標を立てたとします。

最初の1日はなんとかモチベーションをもって実行できるかもしれません。

でも、次の日はどうでしょうか?

その30分の筋トレという目標のハードルが高すぎるように感じて、手がでず、結局実行できないということになります。

それよりもたった1回の腕立て伏せ。

1回の腕立て伏せなんて意味がないと思うかもしれません。

ただその1回でも、これまで腕立て伏せをあまりやってこなかった身体には結構効きます。

繰り返しやることで楽になっていきます。

また、たいてい1回やるともう一回やってみようかという気になります。

一番、行動のハードルが高いのは、筋トレを始める際にソファからおりて、床に手をついて腕立て伏せの姿勢をすることです。

この姿勢さえできれば勢いがついて、筋トレができます。

まとめ

モチベーションに頼らず、絶対にできる行動を続けることにフォーカスしましょう。

30分の筋トレという目標を立てるのではなく、まず1回の腕立て伏せという目標からはじめる。

このような小さな目標であればハードルが高すぎると圧倒されることもなければ、やる前から疲れてしまうこともありません。

また、1回の腕立て伏せであれば時間がなくてできないということもないですよね。

あなたのやりたいことを小さな習慣にブレイクダウンして生活に取り入れていきましょう。

iPhoneで集中・マインドフルネス習慣
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を最大限に発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 この状態をつくるには続ける仕組み、習慣化がポイントです。 本メルマガでは習慣化に役立つ実践プログラムと24時間365日、あなたに寄り添うiPhone習慣化アプリを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
習慣化の技術
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました