環境を整える習慣:自分が選びたいものを選びやすくなるよう環境を整える

はじめに

ついついお菓子や清涼飲料水を飲んでしまう。

もっとヘルシーな選択をしたいと思っている方へ。

人は何かを選ぶとき、その中身だけでなく、選びやすいから、そこにあるからという理由で選んでしまいます。

マサチューセッツ総合病院でのカフェテリアでのヘルシーなフード、飲料の選択に関する実験を紹介します。

病院での食習慣を変える実験

病院のカフェテリアにおいて、「色ラベル」をつける介入と「選択の構成」を変えるという介入の2つのフェーズからなる6ヶ月に渡る実験がされました。

論文はこちらです。

Anne N. Thorndike et al., “A 2‐Phase Labeling and Choice Architecture Intervention to Improve Healthy Food and Beverage Choices,” American Journal of Public Health 102, no. 3 (2012), doi:10.2105/ajph.2011.300391.

フェーズ1ではカフェテリアのフードやドリンクの商品のメニューボードや棚、パッケージにヘルシーさを示す色ラベルをつめした。赤いラベルは不健康、黄色ラベルはちょっとヘルシー、緑ラベルはヘルシーという具合です。

そして、フェーズ2では、緑ラベルの商品をよく見える場所に置き、どこででも手に入るようにしました。以下はミネラルウォーターの配置についての図です。aはベースラインとフェーズ1における配置で、黒い箱はミネラルウォーターが入った冷蔵庫、グレーの箱はミネラルウォーターが入っていない冷蔵庫です。bはフェーズ2の環境ですが、ミネラルウォーターが多くの冷蔵庫で入っており、かつ黒丸はミネラルウォーターのバスケットであり、目につくようにしています。

論文の図1

介入する前のベースラインでは売れた商品の25%が赤ラベル、42%が緑ラベルでした。

実験の結果ですが、赤ラベルの商品の販売数は、フェーズ1,2の両方で減りました。また、緑ラベルの商品はフェーズ1で増加しました。

特に飲料の販売数は大きく変化し、炭酸飲料のような赤ラベルの飲料はフェーズ1で16.5%減少し、フェーズ2でさらに11.4%減少しました。

また、緑ラベルの飲料はフェーズ1で9.6%増加し、フェーズ2では4%増加しました。中でもミネラルウォーターはフェーズ2で26%増加したとのことです。

これだけ露出を増やせば結果はでるのでは、と思いつつもこれだけ人の選択が影響を受けるというのは興味深いですね。

自分が選びたいものを選びやすくする

このように人はラベルのような手がかりがあればヘルシーな商品を選ぶことができるし、ヘルシーな商品が目についたり、すぐに手にとることができればそっちを選ぶことが多くなるということです。

自分の選びたい選択肢を選びやすくするように自分でコントロールしましょう。

こちらの記事では、水を飲む習慣のメリットとその方法について紹介しています。習慣化のコツは、机の上にグラスやボトルを置いておき、常に水を飲めるようにすることです。

水を飲む習慣をおすすめする3つの理由
水を飲む習慣水を飲む習慣ありますか?自宅にいることが増えて、気軽に缶やペッドボトルのコーヒー等飲料を自動販売機で買うこともなくなったら自然と水を飲むようになりました。水を飲むことの習慣化のコツは、机...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
習慣化の技術 集中・リラックスの習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました