マルチタスクの誘惑、衝動に対抗。たすくま+Apple Watchでシングルタスクを習慣し、集中する方法。

マルチタスクが効率的に感じるのは幻想

マルチタスクの習慣は集中力を低下させ、疲労感を増し、効率を落とす元凶。

同時に実行しているようで、脳は頻繁に複数のタスク間を切り替えているだけですので、負荷がかかります。

マルチタスクのほうが効率的に感じるのは幻想です。

詳しくはシングルタスク 一点集中術を御覧ください。

マルチタスクの誘惑、衝動に対抗する

ただ、「シングルタスクにする」と言うのは簡単ですが、実践は簡単ではありません。

マルチタスクの誘惑にかられたり、今やっていることと別のことをやりたくなったりする衝動にかられます。

おすすめの方法は、タスク管理アプリの「たすくま」とApple Watchを活用した行動記録です。

記録が面倒な方へ:Taskuma(たすくま)による行動記録の活用法まとめ
はじめにタイムマネジメントにおいて、現状を把握し、理想と比べたり、改善点を分析するためにはまず自分がどのように時間を使っているかを記録し、それをチェックする必要があります。Taskumaは、タスク管理のアプリですが...

何か行動をするときには、たすくまでタスクを記録するようにしています。

1.行動をタスク化:何かをする前にはたすくまでタスクを開始、行動を終えたらタスクを終了。

2.割り込みも記録:あるタスクの実行中に別のタスクを始めたらそのタスクもたすくまで開始

たすくま+Apple Watchによる行動記録で、使途不明時間をなくす4つの方法。
はじめになにか色々忙しくしていたはずだけど、1日を終わった時に振り返ると、今日は何をやっていたんだっけ?、と思ってしまうことないでしょうか。あるいは、時間を大事にしたいと思っているにも関わらず、ついだらだら...

このように行動を記録しているとApple Watchのフェイスには、今やっていることが表示されます。

これがいまやっているシングルタスクです。

「1タスク実行中」と表示されていますが、これが複数になっているとマルチタスクということになります。

もし別のタスクを実行するのであれば、今やっていることをやめます。

例えば今は「ブログを書く」というシングルタスクを実行中ですが、もしメールを見るのであればいったん、「ブログを書く」タスクを停止して、「メール」というタスクを実行します。

つまり「行動を開始するときにはいまやっているタスクを停止し、新しいタスクを開始する」、この基本的な動作を守っている限り、マルチタスクは発生しません。

もちろん、マルチタスクの衝動により、別のタスクをやりたくなるときがあります。

そのときは今のタスクを停止して、新しいタスクを開始すればOK。ただし、今度はその新しいタスクに一点集中します。

今のタスクをきっちり終わらせてから別のタスクにいくほうが効率がよいのですが、少なくとも複数のタスクをだらだらと切り替えることはやめましょう。

まとめ

マルチタスクの誘惑、衝動に対抗するため、たすくま+Apple Watchでシングルタスクの習慣を作る方法を紹介しました。

「行動を開始するときにはいまやっているタスクを停止し、新しいタスクを開始する」、この基本的な動作を守ればマルチタスクは発生しません。

最初は面倒でもこの原則を守っているほうが、タスクの切り替えによる認知的な疲労がないので結果的に楽になりますし、慣れて習慣になります。

なおタスクを切り替えたのに、タスクを開始していないときはApple Watchに「実行中タスクなし」、と表示されます。

時間を確認するとき、この「実行中タスクなし」が表示されているときには、今、自分は何をしているのか?、と問いかけるようにしています。

そして改めて今の行動のタスクを開始する。

これでシングルタスクの軌道に戻ることができます。

たすくま+Apple Watchでシングルタスクの習慣をはじめましょう!

iPhoneで自分を知り、磨く
どんな状況でも、いまここに集中し、自分の力を発揮できる。 心と身体を整え、ごきげんでいられる。 本メルマガでは24時間365日あなたに寄り添うセルフコーチングアプリと実践ワークを通じて、集中・マインドフルネス習慣をサポートします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
集中・マインドフルネス習慣
スポンサーリンク
シェアする
「行動デザインラボ」をフォローする
行動デザインラボ
タイトルとURLをコピーしました